User-agent: MegalodonDisallow: /

【最新版】高尾・八王子にある『Cafe House TOUMAI(トゥ-マイ)』のほっこりデザートブッフェ・ケ-キバイキングに(2018年2月)♪♪♪♪♪

カテゴリー: ケーキバイキング日記(東京多め)



久方振りに武道館ライブに行って心地よい疲労と眠気に見舞われてまふ、
燎原の火のやうに無数のキンブレ(昔で云うサイリウム)が振られる様を見るのはいつ見ても楽しいもんじゃき
(๑´ڡ`๑)


勇者ヨシヒコの曲とかワンパンマンのオープニング歌ってるジャムさんのだけど、
如何せんマイナーな気がするねん
(°ー°〃)


さて今回は八甲田山ごっこならぬ冬山登山をするべく高尾・八王子にある『Cafe House TOUMAI(トゥ-マイ)』のほっこりデザートブッフェ・ケ-キバイキングに、
経営元はToumai & Amahina & villa Takaosanと書いてあるので宿泊と雑貨も売ってる複合施設なんじゃろか
(*˘︶˘*)


参考までに高尾・八王子にある『Cafe House TOUMAI(トゥ-マイ)』のほっこりデザートブッフェ・ケ-キバイキングは、
2018年2月17日の12:00〜15:00の間に1人約3200円で開催されておりましたლ(´ڡ`ლ)


はてさて新規開拓となる高尾・八王子にある『Cafe House TOUMAI(トゥ-マイ)』のほっこりデザートブッフェはどんなスイーツが待ち構えているのだろう
(๑•̀ㅂ•́)و✧?


バナナのタルトは輪切りにした柔らかめバナナの下に、
ガトーショコラめいたチョコ生地が忍ばせてありました
(ㆁωㆁ*)


輪切りバナナにチョコソース掛かってる傍らに生クリームが鎮座しているので、
どことなくクレープ感があると共にひと粒で二度美味しいみたいなそんな٩(๑´3`๑)۶


オペラは店売りサイズなジャンボサイズ、
底のチョコから始まって合計8層からなる地層みたいなケーキだす(ㆁωㆁ*)


トロ〜リショコラの下にはビターチョコクリームを皮切りに、
ガナッシュ入りチョコクリーム、アーモンドクリームと
異なる素材の交わりから生み出される協奏曲をご堪能あれ
(*´ω`*)


苺のショートケーキはサイズと造り共に、
アフタヌーンティールームのに似ている気がするよ
ლ(´ڡ`ლ)

アフタヌーンのにスポンジに苺シラップを垂らして、
生クリームをふかふかに&
スポンジのきめ細やかさをイチ段階上げたらこのお店のに近くなる(๑•̀ㅂ•́)و✧


苺のタルトは長崎産ゆめのか苺を使用しているらしい、
理路整然と並んでキラキラ輝く苺は甘くて程よい酸味が特徴でした( ・ิϖ・ิ)


タルト生地は分厚いですがお台場ヒルトンで多用されてる、
無駄に甘くてお腹にたまるだけの業務用と同じではありません(๑´ڡ`๑)


底のビスケット生地はザクザク、
上にある焼き菓子生地はアーモンドの薫り漂うしっとりした食感な本格派タルトですぜ(ӦvӦ。)


チーズ好きの為のチーズケーキはその名の通り、
クリームチーズだけでは物足りないチーズ好きの担当者が自分の為に開発したのができたがきっかけなんだって
٩(๑´3`๑)۶

コクがあるチェダーチーズと香りの良いとパルメザンチーズが合わさる事で、
ほんのりとした塩気と共にチーズの芳醇さが相乗効果で倍増するのねん(๑´ڡ`๑)


見た目の地味さにも関わらず、
このチーズケーキは早めに姿を消してた隠れ人気な一品
( ・ิϖ・ิ)


ベリーモンブランは酸味が勝った巻き巻きなベリーの内部に生クリーム、
タルト生地は見た目よりも柔らかめですた(ӦvӦ。)


マカロンはココア紅茶ラズベリーバニラの4種類、
よくよく見ると1つ1つ微妙に形が不揃いなのが手作りが伝わってきて好印象でつ
(✿´ ꒳ ` )


グレープフルーツゼリーはグレープフルーツ3切れの下に、
ジュレとパンナコッタが納められているのじゃよ
(๑•̀ㅂ•́)و✧


唯一のグラスデザートは終盤になってもたっぷり残っておりました(*˘︶˘*)


軽食はカレーとパスタに、
サラダが用意されておりました(•ө•)


サフランライスと共に頂くカレーはお肉ごろごろ入ったチキンカレー、
水分おおめな所謂スープカリーだす(*˘︶˘*)


すりおろしたトマトが入っているからか大変フルーティーかつスパイシー、
まさかケーキバイキングでこんなハイレベルなカフェメニューが味わえるとは嬉しい誤算(๑´ڡ`๑)
←カレーが有ると評価が甘くなるタイプw


パスタはショートパスタ、
トマトソースを絡めたシンプルなのが甘いものとの合間に丁度良かったり٩(๑´3`๑)۶

ドリンクはオレンジジュース烏龍茶コーヒー紅茶のホットがありました、
これについては別段珍しい点は無かったねん☆


店内は山小屋みたいな造り、
写真館を併設してるのか天井付近に写真が沢山貼ってありました( ・ิϖ・ิ)


そんなこんなで初めての高尾ケーキバイキングは大成功、
都内ではなかなかお目にかかれない緻密な作りのスイーツを愉しめるイベントは非常に有り難かったと共に、
栗ちゃんのスキルの高さがケーキバイキングガチ勢にも伝わったとかそんな(ӦvӦ。)


ケーキバイキングと関係ないですが何故かお客さんにメガネを褒められたのが嬉しかっただす、
あのマークの小ささでVivianに気がつくとは畏れ入るლ(´ڡ`ლ)


ブログランキング・にほんブログ村へ
2018/02/18(日) 01:25 | trackback(0) | comment(0)

【最新版】原宿・表参道にある『The Pie Hole Los Angeles(ザパイホールロサンゼルス) 原宿竹下通り店』のパイ放題キャンペーンなパイ全品が食べ放題・デザ-トブッフェに(2018年2月)♪♪♪♪♪♪♪♪

カテゴリー: ケーキバイキング日記(東京多め)




ここ7年ばかりは年1更新だった、
テキストサイトの某大御所がバーチャルYoutuberになってたとは…
さくらや魔法陣グルグルや封神演義がアニメ化される辺り今って2000代前半じゃねぇの感がありますナ
٩(๑´3`๑)۶


件のテキストサイトは百獣戦隊ガオレンジャーのレビューが抱腹絶倒だったのが懐かしい、
文章から察するに世代ド真ん中で影響をうけてるにゃるらさん&
ブラック徒然草さん周辺の反応が気になるところ
(°ー°〃)


そんな陰キャ特有の小ネタはさておき、
今回は処女ty…じゃねぇ初回ハンターを目指すべく原宿・表参道にある『The Pie Hole Los Angeles(ザパイホールロサンゼルス) 原宿竹下通り店』のパイ放題キャンペーンなパイ全品が食べ放題・デザ-トブッフェに行ったのです(*´ω`*)


場所は原宿竹下通りのド真ん中、
以前にニコニコ本社があった四ツ角を少し行って左側をみたら2階に見えてくるლ(´ڡ`ლ)


お店の2階が肖像権にストリクトなジャニーズの写真を売ってるのもあり、
申し訳ないがメンズとキモオタはNGな感がどことなく見受けられるビル構え
(*˘︶˘*)


参考までに原宿・表参道にある『The Pie Hole Los Angeles(ザパイホールロサンゼルス) 原宿竹下通り店』のパイ放題キャンペーン…言うなればパイ全品が食べ放題・デザ-トブッフェは、
2018年2月14日~3月28日の毎週水曜日 10:00~19:00(19:00L.O.)に1人税込1620円&
80分間(60分L.O.)の前払い制で開催されていたぞよ
( ・ิϖ・ิ)


はてさて原宿・表参道にある『The Pie Hole Los Angeles(ザパイホールロサンゼルス) 原宿竹下通り店』のパイ放題キャンペーンなパイ全品が食べ放題・デザ-トブッフェの品揃えやいかに(๑•̀ㅂ•́)و✧


言い忘れてましたが食べ放題は一度に4品ずつオーダー可能だす、
時間図るのキモいんで目分量ですがセイボリーは温めるので時間掛かるのは仕様みたいなので焦らずにね
(ㆁωㆁ*)


マムズアップルクランブル(Mom's Apple Crumble)は贅沢に使った林檎とにバタークランブルによるシナモン香る創業者の“ママ”秘伝の味とのこと、
説明だけ聞くと誠にバブみが感じられる
( ˘ω˘)スヤァ


口に含むとリンゴとクランブルが半々な割合で敷きつめられてるだや、
カリカリしたクランブルが触媒となるので軽快にフォークが進みます
٩(๑´3`๑)۶


ソルトハニーカスタード(Salted Honey Custard)は
ハチミツを混ぜ込んだカスタードクリームをたっぷり使って焼かれたパイの上に、
とろ〜りとしたハチミツがトッピングされてたよ
(°ー°〃)


カスタードが焼かれることにより甘じょっぱいブリュレ状になってるのがツボにハマりました、
素材の味が素直に現れるシンプルイズベストですね解りますってな訳で今回1番良かったのがソルトハニーカスタードな気がするのんなლ(´ڡ`ლ)


アールグレイティー(Earl Grey Tea)は 紅茶風味のガナッシュとホワイトチョコレートのムースの上に、
最上段にはデリスリスペクトな具合に生クリームが乗っかってまふまふ(๑•̀ㅂ•́)و✧


ホワイトショコラにより紅茶の薫りが相殺されてて余り紅茶の味はしなかった、
まろやかでミルキーなホワイトチョコタルトでした
(*´ڡ`●)


チョコレートラズベリー(Chocolate Raspberry)は重厚なチョコレート生地の上に、
ホイップクリームとフリーズドライしたラズベリーがトッピングされてただよ
(ㆁωㆁ*)


木苺は気持ち程度かな、
ガトーショコラとパイが合わさって重い…
だいたい他の2個半位はお腹に溜まるので小食な方は避けるのが賢明だす(´-﹏-`;)


次に訪れるならこれをスルーして、
抹茶かソルトハニーをお替わりしたいわさ
( ・ิϖ・ิ)


抹茶グリーンティー(Matcha Greentea)は山となったホイップクリームに、
抹茶のムースとキャラメルソースで構成されてまふ
(*˘︶˘*)


ファーストキッチンの抹茶オレ位に心なしかビターな抹茶ムースの下にはとろとろなキャラメルソースが潜んでいるのが心憎い演出だす、
他のデザートパイと異なり何故かコレだけはザクザクしたクッキー生地なのも焼菓子好きには見逃せないポイントねん(ӦvӦ。)


ソルト&キャラメルピーカン(Salted Caramel Pecan )は、
キャラメルコーティングされたピーカンナッツが中国のプールみたいにみっしりと敷き詰められてるだあよ
(°ー°〃)


カリッカリッとした歯ざわりも愉悦な大振りピーカンナッツを堪能出来ますぜ、
何故かスパイスが効いてて甘じょっぱいので見た目よりも口当たりはカルカッタ
(*´ω`*)



パンプキン(Pumpkin)は、
かぼちゃよりもシナモンの薫りが勝ったアメリカンなパイでした٩(๑´3`๑)۶


まっきっきのかぼちゃプリンとかイメージしてかぶりつくと、
結構な割合で肩透かしを喰らうかも(°ー°〃)


セイボリーパイはベジタブル&カレーを頼んでみました、
中のカレーは辛くないがタイみたいにパクチー入ってまつ、
ジャガイモゴロゴロなんでカレーパンみたいじゃった
(๑´ڡ`๑)


とまあこれくらい食べたらお腹いっぱいになったので無理せず終わろうか、
お惣菜パイを含めて時間内に約17種をコンプリート出来るのはバイキンガーないでも選りすぐりのツワモノな気がするよლ(´ڡ`ლ)


店内は照明がくっきりしてて木と白をベースとした雰囲気だす、
1人席にはコンセントもあるからパソコンもいじいじ出来るのんw


だいたい20人位の行列が出来てて90分は待ちますが、
スイパラプライスでこれだけパイが充実してるなら、
並ぶだけの価値はありますぜ( ・ิϖ・ิ)


海老のアメリケーヌソースキッシュが1番人気だったので、
有れば早めに食べると宜し(๑•̀ㅂ•́)و✧


ブログランキング・にほんブログ村へ
2018/02/14(水) 20:24 | trackback(0) | comment(3)

【最新版】新宿の「ニュウマン(NEWoMan)」にある『サロン アダム エ ロペ サロン ベイク アンド ティー(SALON adam et rope SALON BAKE&TEA)』のスイ-ツブッフェ・ケ-キバイキング・デザ-トビュッフェに(2018年2月)♪♪♪♪

カテゴリー: ケーキバイキング日記(東京多め)



もうチョイでテスト期間が終わるんでなんか面白い本か漫画はないかという重度の活字不足状態…
ルワンダ中央銀行総裁日記並の分厚い奇書を読みたいのん♪
(*^¬^*)


それはそうと今回のお店は新南口駅前にある「ニュウマン(NEWoMan)」というショッピングモールの3階にあるサロン アダム エ ロペ サロン ベイク アンド ティー(SALON adam et rope SALON BAKE&TEA)に、
新宿でお客さんと会うついでに1時間空いたんでスイーツブッフェの近況が知りたくて行ってきたの
|*・д・)ノ


参考までにサロン アダム エ ロペ サロン ベイク アンド ティー(SALON adam et rope SALON BAKE&TEA)
のスイーツブッフェの開催時間は、
平日&休日11:00~17:00の間に1人税込2700~3024で開催されていまふ‡
(*´ω`*)


え?何?行列?そんなんあるわけないですが、
店内は8割方埋まって入れ替わりもわりと激しかった(’∀’*)


ケ-キバイキング客:お茶しに来た人=6:4な割合ですな、
ちなみにデザート食べ放題の形式は店員さんを呼ぶ⇒
メニュー表を見ながら1回につき3品ずつ注文するスタイルの形式だね‡


言い忘れてたけれどオ-ダ-時間は60分(ラスト注文は50分)でした(≧Д≦)


んでんでんで、
久しぶりに訪れたSALON adam et rope 初のデザ-トブッフェのメニューはこんな感じ↑


今回の品ぞろえの中で一等ずば抜けてオススメなのがモンブランだす、
フランス栗と国産の中山栗をバランスよく配分された栗山は、
そこらのバイキング品とは一線を画した仕上がりに(๑´ڡ`๑)


カトリエーヌは外側をブロンドチョコレート、
内側にアールグレイを忍ばせたカヌレみたいな形状のムースですぜ(*´ω`*)


ビジュアルのキュートさもさることながら、
濃淡クッキリした紅茶ムースはドリンクとの相性がバツグンに宜しいねん(ӦvӦ。)


ケーキバイキング開店当初からあるカスレットは飴をつけてカリッとしたシュー生地の中に、
カスタードクリームと柚子ベリーコンフィチュールが忍ばせている人気な一品(*˘︶˘*)


粉糖で描かれたエス字がまっことオシャンティ、
カリカリ生地とクッキーシューの質の良さからか、
今回唯一途中で品切れしてますた(●´ϖ`●)


アールグレイスコーンは、
茶葉が織り込まれた生地にダイスクッキーが幾つも載ってるのが特徴だす(●´ϖ`●)


見た目よりも甘さ控えめでスコーンというよりはクッキーに近い、
おやつに2、3個摘みたい気軽な焼き菓子でっせ(*´ڡ`●)


ダックワースはチョコレートでコーティングしたダッグワースに、
分厚いプラリネクリームが挟まれているのねん
(ㆁωㆁ*)


ダクワース生地はサクサク軽快ですが、
プラリネがピーナッツバターと見まごうばかりにどっしり系で…
大食いな方からの支持率は高そうだなぁと
\(^o^)/


サントノーレは花型の塩サブレを土台として、
ミニミニマドレーヌが3つ重ねてタワー状に構成されてました(°ー°〃)


マドレーヌを繋ぎ合わせているクリームは固めなバタークリームだった、
ちっこいマドレーヌを1つずつ頂くのは小人になったやうな心持ちლ(´ڡ`ლ)


抹茶ティラミスは西尾の抹茶をふんだんに用いる事で、
芳醇な薫りを楽しめるらしいよ( ・ิϖ・ิ)


クリームも抹茶&浸されたスポンジもリキュールも抹茶なグリーンティーと、
小さいながらも緑尽くしじゃんよ
(*´ω`*)


ところ変わってグラススイーツに、
ここはグラスの直径は細いですが、
味はぎっしり詰まった濃いめなグラスデザートが多いねん(°ー°〃)


サバランヴェリーヌはベリーソースに生クリーム、
細かくしたひたひたのサバランが緻密な層を形成していまつ(*˘︶˘*)


結構アルコール効いてるから、
お酒スイーツ好きならハマるタイプのやつ
٩(๑´3`๑)۶


ジュレ・ド・シャトージュン・スパークリングというじゅげむみたいにやたらめったら長い名前のグラススイーツは、
パリピが大好きな泡をベースとしたワインゼリーだす
(*´ω`*)


サバランと同じくこれもアルコール効いてるから箸休めには向かない、
白ワインベースにしてグレープを混ぜ込んでいるのが特色じゃろな(๑•̀ㅁ•́๑)✧


ラムレーズンアイスは、
細かく砕かれたラム酒漬けのレーズンがふんだんに練り込まれてるんよ
(๑´ڡ`๑)
 

横浜オータニみたいにレーズンが丸ごと入ってるタイプのラムレーズンと較べると、
こちらは細かくなってる分口当たりと滑らかさが段違い
٩(♡ε♡ )۶


見た目よりもお酒は薫り程度なんで、
シメに最適な氷菓となってるぞい
٩(๑´3`๑)۶


キッシュポロネギベーコンは大きめカットの厚切りベーコンと西洋ネギアパレイユで包んだ後に、
パートフィロという薄い生地で巾着袋みたいな形に焼かれた独特なキッシュだす(๑•̀ㅂ•́)و✧


ゴロゴロ放り込まれたベーコンが嬉しい貴重なナトリウム要員、
オーダー毎に焼いているので提供にはやや時間が掛かるのは仕様なんで焦らずにね(๑•̀ㅁ•́๑)✧


トロペジェンヌツナマヨはさっくりした赤ちゃんの握りこぶし台のデニッシュに、
キュウリとトリュフソルトがアクセントとナルツナマヨがサンドされたお惣菜パンですな(ㆁωㆁ*)


長々書いてあるけどツナマヨパンなんで、
ツナマヨ食べたいときにうってつけだわさ
(。>﹏<。)←むしろツナマヨだけでもいいw


ドリンクはいつも馴染みのカラフルな南部鉄器に入って運ばれて来ます、
いつの頃からかアイスティーも選べるようになってたよ
(ㆁωㆁ*)


ペシェミニオンはパイナップルやパパイヤ、
ピーチなどの爽やかな薫りと緑茶をブレンドした、
フレーバーグリーンティーとなっておりました
(๑•̀ㅂ•́)و✧


アイスドリンクを頼むとホットよりもやや小振りの南部鉄器と、
氷がパンパンに詰まったグラスがサーブされるのです
(*˘︶˘*)


だいたいグラス三杯分はあろうかな、
お水が入ったボトルも理科室に有りそうで、
スタイリッシュに空間に溶け込んでおりますじぇ
(๑•̀ㅂ•́)و✧


時間は60分と短いものの、
テンポよく提供されるのでそんなに気にはかかりません
(*˘︶˘*)


個人的なオススメはモンブラン、
カトリエーヌにカスレットですぜ
٩(♡ε♡ )۶


特に甘じょっぱいザクザクガレットを土台にしたモンブランは、
他では味わえないから是非是非♪


新宿益直結というアクセス抜群な南部鉄器を始めとしたオサレな空間のスイーツブッフェ、
半年に一度は訪れたいモノですよ(*˘︶˘*)


話変わってスイ-ツブッフェ関係ないけど、
ニュウマン(NEWoMan)にある洋服屋さんの閑古鳥っぷりは気の毒ですな、
インテリアはかなりお金かけてるのが伝わるだけにもったいないねんw


はなちょこさんとタメ張れる位にウエメセ大学院生から言わせると、
せっかくバスタ-ミナルという巨大な胃袋が隣にあるんだから、
もっと飲食テナントを入れた方が収益上がる様な気がしないでもない
( ˘ω˘)スヤァ


ブログランキング・にほんブログ村へ

2018/02/07(水) 18:21 | trackback(0) | comment(0)

【最新版】神田・神保町にある東京會舘・如水会館内『Cafe and Pub Mercury(カフェ&パブ マーキュリー)』の復活した期間限定ケ-キバイキング+系列店の東京會舘 LEVEL21『Restaurantベラージュ』との比較(2018年2月)♪♪♪♪♪♪

カテゴリー: ケーキバイキング日記(東京多め)



マウントゴックスが消え、
あんなにCMを流していたコインチェックが息してない…

死屍累々の後に残ったビットフライヤ-やDMMが、
ハゲタカかなんかのように見える今日この頃だす
(*´ω`*)

そもそもマイニングという作業がよくわからんだや、
頭悪いんで計算してお金もらえるメカニズムが読んでも読んでも腑に落ちない(°ー°〃)

つまるところ仮想通貨はクオンツみたいに作る側に回るか、
デイトレみたいに速攻で売り逃げるのが賢いんでしょうな、
但し俺は騙されないとか思ってるカモこそ一番危ない危ない(๑•̀ㅂ•́)و✧
←先祖が先物で山を2つ失いましたというのは実話w

それはさておき今回は竹橋・神保町にある
東京會舘・如水会館内『Cafe and Pub Mercury(カフェ&パブ マーキュリー)』の
期間限定ケ-キバイキングだす、
さてさてどんな刹那・F・セイエイが揃う事やら(笑)


ちな東京會舘・如水会館内『Cafe and Pub Mercury(カフェ&パブ マーキュリー)』のケーキバイキングの開催日程&時間帯は、
2月5日・19日・26日・3月5日・12日の各月曜日に、
15:00~17:00(L.O.16:30)90分制で1人税込2500となっておりました
(@ ̄ρ ̄@)


前回は1300円となってましたが今回の値段の方が適正じゃないかな、
ストップウオッチさん然り店に利益を与えたくないという狭い了見の輩は人としてど-かとw


東京會舘って実は上場企業なんよという小ネタは置いといて、
竹橋・神保町にある東京會舘・如水会館内『Cafe and Pub Mercury(カフェ&パブ マーキュリー)』の、
復活したケ-キバイキングとは如何なるものかしら…
(ノ)・ω・(ヾ)


スイーツビュッフェはテーブルで写真を見せていただきオーダーする形式⇒
台に乗っているのを自由にサーブする形式に変わりました、
ケーキ皿の下には同じケーキ達がもうヒトサラ潜んで居るので…
ラスト一個を取るときのプチ罪悪感を抱かなくて済むのが優しい気配りねん(●´ϖ`●)


インヴェルノはヘーゼルナッツ入りチョコムース&
ホワイトチョコムースを用いた、
上が沖縄の地元メディア並に真っ赤なムースケーキだす
(ㆁωㆁ*)

苺ジュレに苺のムース合わせて、
チョコムース達はまろやかに仕上げられてるよ♪


ガトーシトロンは香り高いアーモンドスポンジに、
レモンのクリームをサンドしてあります( ・ิϖ・ิ)


レモンタ-ドと焼き菓子みたいなアーモンドスポンジの組み合わせって、
何気にケ-キバイキングではあまり見かけないから貴重だす
(*゚ー゚*)ノ

前回も見かけたショートケーキはふんわかとなめらか生クリームにしっとりジェノワーズ、
間にフレッシュな苺2重に挟まれた豪勢な造り
(。^ω^。)


きめ細かなジェノワーズの口どけと、
甘さ控えめかつコクのある生クリームが上品なショートケーキは…
東京スイーツブッフェにおいて何気に貴重品だったりするんよ(*゚ー゚*)ノ


モンブランはほくほくしたフランス産栗を使用したマロンクリームがねっとりと舌にまとわりつく、
濃厚な栗を余すことなく堪能出来るモンブランですた
(๑´ڡ`๑)


土台はアンジェリーナみたいなメレンゲタイプ、
メレンゲは軽くとける感じで甘さ控えめ
(*´ω`*)


オレンジティはオレンジクリ-ムと紅茶の茶葉入りスポンジにオレンジホイップが幾重にも、
細かなオレンジピールが入っているので味にくっきりとした躍動感が見受けられました
(⌒,_ゝ⌒)


スイートポテトは紫芋ペーストがたっぷり乗ってまふ、
生地にヘーゼルナッツ用いているのか独特な味わい、
紫芋好きならハマるかと(●´ϖ`●)


色んなフルーツがちりばめられたシュークリームは縦に切れ目が入れられてるのが特徴だす、
口に含むとミルキーなカスタードクリームがぶちゅっと飛び出すのがまた趣きがありますナ
(ノ*・ω・)ノ


バナナオムレットだかバナナボートは、
上のみならずクリームの中にも8ミリ位に薄くスライスされたバナナがたっぷり詰まっとりゃす
(๑•̀ㅁ•́๑)✧


ケーキバイキングだと余り好かれない傾向があるバナナをここまで主役にもっていくのは、
道にバナナがなってる国タイランドで代取やってる身としては誠に喜ばしい(๑•̀ㅂ•́)و✧


薄く上品なスポンジ生地と、
バナナを封印してある生クリームとの組み合わせは生クリームラバーならテンション上がること間違いないデスぜ(ノ)・ω・(ヾ)


フリャンディーズクレムブリュレはガツンと甘い、
1個食べれば充分ねん(*˘︶˘*)


どっしりチョコなアマンディーヌ、スフレチーズケーキ、いちじくのタルト、タルトポワール、アップルパイは他でも食べれるし小食なのでスルーしました、
まあ某月刊オカルト雑誌みたいな名前の人のブログ見りゃ載ってるっしょすげ-勢いで写真撮ってたし(投げやり


グラスデザートは何故か生クリームが掛かったレモンゼリーと、
小さいココットに入ったプリンが用意してあっただよ
(๑´ڡ`๑)


かすかに練乳風味なプディングは、
横浜ニューグランドホテルのスイーツブッフェで出たのとよく似た味でした(*゚∀゚)


氷菓はマンダリンオレンジに青りんご、
ヴァニラに苺の4種類(๑´ڡ`๑)


バニラ以外はどれも涼やかで甘さ控えめなんでシメにピッタんこカンカンだす、
果実感は苺が1番あったかな(*´ω`*)


青りんごのシャーベットは、
昔にデパートの食堂で出てくるような懐かしい味わいじゃった(*´∀`)


ドリンクはホットとアイスの珈琲紅茶オレンジジュースがお代わり自由ですた、
皆さん冷えるからか後半になるにつれてはあったか紅茶が人気なのは前回とおんなじ(ノ*・ω・)ノカチカチカチ


唯一勿体無いのがフレンチトーストだす、
ラムが効いてて美味いらしいんだよ風の噂では…

けれどもいかんせん目の前に並んでる色とりどりのケーキに集中してるがため、
トーストに目が向く余裕もお腹の余裕もない
(´-﹏-`;)


個人的にはフレンチトーストの代わりにシャウエッセン焼いて頂けるか、
コンソメスープあると助かりますΣ(´∀`;)


とはいえわんこそばタイムアタックみたいに若干殺気だってた前回の1300円時よりも、
雰囲気が穏やかな店内&
客層もやや上がったのが大変居心地良かっただす
(●´ϖ`●)


所謂店売りクオリティのケーキを2500で食べ放題と考えるとまだまだお値打ちだと思うですよ、
補充も完璧で欠品はなかったしさ
(๑•̀ㅁ•́๑)✧


但しケーキ台の撮影会が終わってからの開始なので、
ガチ勢はその辺りスマートにこなして、
カタギの方の負担にならぬよう気をつけなされ(๑•̀ㅂ•́)و✧

追記:
系列店の東京會舘 LEVEL21『Restaurantベラージュ』との比較をしないのはなぜだぬ?
と誰かに言われた気がするので(●´ϖ`●)

…でもごめん、
今とっても眠いんで明日書くのん( ˘ω˘)スヤァ


ブログランキング・にほんブログ村へ


2018/02/05(月) 20:06 | trackback(0) | comment(0)

【最新版】池袋駅東口にある西武池袋『ブラッスリー・ル・リオン(BRASSERIE LE LION)』のデザートビュッフェ(2018年2月)♪♪♪♪

カテゴリー: ケーキバイキング日記(東京多め)



ネット上に星の数ほど生息しているフェイスブックやインスタでグルメうんちくを気取りたいオジサン達は、
とりまフランス料理の大御所であるポール・ボキューズさんの訃報を悼んでおけばいいさと思う今日この頃
┏( .-. ┏ ) ┓


マメ知識ですがクレーム・ブリュレを現在の形にしたのはポ-ルさんなのですぜ、
つ-わけでほとんどのケ-キバイキングマニア達はすべからくポ-ルさんにお世話になってると言っても過言ではない(ドヤッ


そういや昔この人のお店のスイ-ツブッフェにも行ってたなという懐かしみはさて置いといて、
今回は池袋駅東口から程近くにの池袋西武百貨店8階にあるブラッスリー・ル・リオン(BRASSERIE LE LION)で開かれた半年ぶりなデザートブッフェに行ってきたの
(๑´ڡ`๑)


参考までにBRASSERIE LE LIONのデザートブッフェは2018年2月の1(木),2(金),6(火),7(水),9(金)
,13(火),14(水),15(木),
16(金),20(火),21(水),22(木),27日(火),28日(水)にわたって開催しており、
開催時間は15:00~16:30&
料金は1人税込2500となっとりますな~ヽ(´ー`)ノ


以前は2名からだった食べログ予約が1名からになっていたのが助かるねん、
去年の様子が知りたい酔狂な方がいるなればここを見てくださいな☆


はてはて、
約半年振りとなる『ブラッスリー・ル・リオン池袋西武店』のケーキバイキングの品揃えとはいかほどに…
(`・ω・´*)


んでメニューはだいたいこんなん出てきました↑


今回も注文方法は用紙にお客さんが伝票に記入&
それ以外は台から各自選ぶ形式に、
飲み物は前回同様オーダー式ですな‡


ムース オ ショコラはコココットに入ったショコラムース、
甘さ控え目かつ芳醇なチョコレートムースはポリフェノール豊富そうな口当たり”(ノ><)ノ


上のアーモンドパリパリをスプーンで完膚なきまでに砕いて頂くとより一層いい感じ、
ムースというよりもクリームに近いから手持ちぶさたとなったタルトの端っこをディップすると新たな味わいになったぜよ(๑´ڡ`๑)


やっぱり矢張で手堅い出来栄えなのはタルト達ですナ、
今回もアプリコット・洋梨・ガトーショコラといった3種がヒトサラに盛られて用意されてたのんな(*´ω`*)


下は堅めでザックザク&上はアーモンド薫るふんわかケーキ層の2段で構成されたタルト生地は他の店では味わえないこと請け合いですぜ、
中でもシャキシャキにスライスされた洋梨がふんだんに用いられているタルトポワールはお替わりをオススメするんだやヽ(´ー`)ノ


今回のリエジョワ(パフェ)も前回と同様にショコラとキャラメルの2種類が用意されていまふた、
ほろ苦さがと香ばしさのバランスが絶妙なキャラメルアイスとゴーフレットをスプーンでかき混ぜしつつして頂くのは至福のひとときに相違ないぞい(⊃´-`⊂)♪


クレームブリュレはオーダー式で提供されました、
バニラビーンズよりも卵が勝っている素朴な風味
(●´ϖ`●)


やや甘みが強めなので、
見た目以上にお腹いっぱいになりやすい
(。ŏ﹏ŏ)


諏訪湖で5年振りに観測された御神渡りよろしくパキパキなキャラメリゼが香ばしいパンプディングは、
卵液に浸された事により生まれるむにゃむにゅとした優しい食感に舌鼓を打つことひとしきり
( ̄~ ̄)


フレンチトーストとクリームブリュレのいいとこ取りなパンプディングは、
個人的には今回1番のツボですただや(*˘︶˘*)


ラズベリーソースを目の前でかけてくれるクレメダンジェはお店によってはガーゼに包まれているフロマージュブランを用いたクリームチーズのムースです、
そこはかとなくブルガリアヨーグルトを思わせるホワっとした優しい口当たりは〆デザートにもってこいですけんね
(๑•̀ㅂ•́)و✧


南瓜プリンの代わりに登場したのは、
プロフィトロールねん(ㆁωㆁ*)


500円大のさっくりしたシュー生地にヴァニラアイスをガオン!と挟み込む、
その上にチョコレートソースをトロトロたっぷりかけられておりますじぇ(°ー°〃)


ババ・オ・ラムはラム酒にしっとりと浸かった、
外はさっくり&
中はじゅんわりな弾力性高めなサバランだす
( ・ิϖ・ิ)

ボンボンショコラみたいなお酒スイーツ好きにはもってこいな一方で、
そこそこアルコールが含まれてるから運転する方は気をつけなされ(๑´ڡ`๑)


フルーツサラダはイチゴにブルーベリーにグレフル2種がぎっしり入っており箸休めにうってつけ、
メニュー構成上茶っぽい色が多めなこともありアイスと共に卓上に彩りを添えており申した(*´ω`*)


アイスはアプリコット&ラズベリー&ヨーグルトの2種類があったぜよ、
綺羅びやかな色どりもさることながらフルーツ各々の風味が要所要所に活かされた丁寧なアイス達ですた
(*^¬^*)


特にヨーグルトアイスががツボったね、
滑らかさとミルキー加減そして爽やかさが三位一体となっておりましたのん(ㆁωㆁ*)


アイスの大きさはご要望に応じてオーダー可能みたい、
人によってはスプーンに乗った状態とか逆に山盛り昔ばなし盛りもオッケー☆とのこと(●´ϖ`●)


今回も途中迄僕だけ&デジカメさん+アルファと言った具合にだいぶ人数が少な目で、
パンプディングを堪能しつつもいつも通りに穏やかなひと時を過ごせました(*゚ー゚*)ノ


欲を言うならば八割方メニューが似かよってきてるから…
そろそろあっと驚く新商品が欲しいですな、
次回はかぼちゃプリンの復活が望まれる(・ิω・ิ)


ケーキバイキング客は奥の専用スペースでの利用となります、
最初から最後までゆるりとくつろいで楽しむなら事前予約が安心かもね(*´ω`*)


【今日のファイ】
7-spotに入っていたらワンチャン☆

ブラッスリー・ル・リオン(BRASSERIE LE LION)

(ThisTokyo Dessert&Cake buffet IntroductionBlog is written by Kasiore)

※Dessert buffet means All you can eat in Japan(As an Example, Marble Lounge and Sweets Paradise).

Dessert Buffet restaurant name: 『BRASSERIE LE LION』

Closet Station: [Ikebukuro]Sta. Opening Time:AM15:00~16:30

Cake BuffetPrice: <2500> Yen (From Monday to Wednesday on October 2017)

Recommend Menu: Three Kinds of Tarts and caramel Ice Cream


ブラッスリー・ル・リオン 【2月限定バレンタイン特別企画/デザートブッフェ】リオン特製デザートが90分食べ放題!


ブログランキング・にほんブログ村へ
2018/02/03(土) 00:05 | trackback(0) | comment(5)