User-agent: MegalodonDisallow: /

【最新版】有楽町・銀座のザ・ペニンシュラホテル東京『Peter【ピ-タ-】』の大晦日サンデーブランチなデザートブッフェ・スイ-ツブッフェ・ケーキバイキング+年末に向けて(2017年12月)♪♪♪♪♪

カテゴリー: 有楽町・日比谷のペニンシュラ東京『ぺーター(Peter)』のケーキバイキング♪



なんだか慌ただしかった年末仕事合間のオヤツにハマったのが、
セブンイレブンいい気分のスノーボール(アーモンドボール?)だすლ(´ڡ`ლ)


連綿とサクサクが押し寄せる歯触りの心地よさ&
粉糖のやわらかい甘さに加えて、
中に入っている細かいアーモンドがアクセントになっており食感が癖になって…


リスがどんぐりを齧るかの如く、
やめられない止まらないのかっぱえびせん状態、
人間やめますかそれともスノーボールやめますかと言わんばかり( ̄ー ̄)


いやね正味な話大体11個入って140円位だから1個あたりに換算すると10円ちょいじゃろ、
オ-ル正木ドリンク別で3400とかするケ-キバイキング(実話)を考えると随分お値打ちに思えるのですよという事でマジおススメ٩(๑´3`๑)۶


それはそうとコミケ最終日に訪れた今回のお店は有楽町・銀座のザ・ペニンシュラホテル東京『Peter【ピ-タ-】』の大晦日サンデーブランチなデザートビュッフェ・スイ-ツバイキングだす、
自分が以前に書いたのを見ていたら前回は2016年7月なのでそこそこ久しぶりん(ӦvӦ。)


参考までに有楽町・銀座のザ・ペニンシュラホテル東京『Peter【ピ-タ-】』の大晦日サンデーブランチなデザートブッフェ・スイ-ツブッフェは、
12月31日の11:30~15:30に1人税込9,500円で開催されてましたナ(๑´ڡ`๑)


ちなみに前回は3,500⇒今回は9,500ですからな、
今日だけは僕もはうじえ並のリッチマンですぜw


そんな露骨過ぎるマウンティングをほざいた後に、
さあさあ有楽町・銀座のザ・ペニンシュラホテル東京『Peter【ピ-タ-】』の大晦日サンデーブランチなスイーツブッフェ・ケーキバイキング、
ちょっと現状の様子をまじまじと見てみよう(ㆁωㆁ*)


先ずはTo Startと称した先付が出てきたよ
(●´ϖ`●)


“くくりの森”よりオーガニック野菜のサラダという、
いわゆる野菜スティックがキタキタねん(・ิω・ิ)


クランベリーのペースト・ハーブマヨネーズ・豆腐と胡麻の3種類のソースをディップしてカリカリパリリンチョとウサギになった心持ちで頂けますぞい、
我儘を言うなら辛子マヨが欲しかった(°ー°〃)


お次は【The Snack Session】と書いてあるアペタイザーだす、
1.5センチ角にカットされたフォアグラのテリーヌは上に金柑のコンポートが乗ってありましたアンキモアンキモアンキモლ(´ڡ`ლ)
←美味しんぼ並感


北海道産帆立貝と鮪のカルパッチョには、
マイクロリーフとタルタルソースが掛かっていたからあっさり頂けた(๑´ڡ`๑)


あとはパン要らないですと伝えたらメニュー表に書いてない小皿3品が出てきたよ、
何故かこのタイミングで国語の教科書にあった『1杯のスープ』を思い出したのは此処だけの話( ̄ー ̄)


左側のはリッツカールトンでも見かけたチーズソースが掛かったポーチドエッグだす、
底にサーモンがたんまりと敷き詰められているからパンのお供に最適かと(ӦvӦ。)


下側のはラグー豚のトマトパスタ&
右側のがキノコポタージュだす、
パラリラ振りかかった黒いのがトリュフなんだって
(●´ϖ`●)


それらに舌鼓をポンポコしていたら、
どうやらメインが来たみたい
(ㆁωㆁ*)


今回選んだのは和牛三角バラ肉のブレゼだす、
やっぱりメインは肉を食べたいねん
(・ิω・ิ)


なんだか高級感漂う時計メーカーみたいなネーミングだな、
ブレゼってなんぞ?と思って調べたら…

ブレゼは少ない水分で煮る調理法で、
水分が少ないので旨味が濃縮される事により美味しいソースが出来上がるんだそうな٩(๑´3`๑)۶


口に含むとなるほど牛肉の旨味がギャッと凝縮されてる、
ナイフを乗せるだけでモーゼの海割り宜しくひとりでに身がほぐれるのが特徴デスな(๑´ڡ`๑)


付け合せは安納芋ニョッキと芽キャベツのフリカッセでした、
濃い目のお肉とキャベツは中和というか相性が宜しいねん
(●´ϖ`●)


これらを食べ終えたらいよいよなんだか厨二病ちくたっくなネーミングなデザートブッフェ【The End Game】に取り掛かる、
1年半振りとなるのペニンシュラホテル東京『Peter』のスイ-ツブッフェは如何なる進化を遂げたかしら
(`・ω・´*)?


それがこんな感じ↑


モンブランのロールケーキはそこかしこにマロングラッセが乗った贅沢な一品、
マロンクリームはホックリ滑らかで栗の風味が人造人間サイコショッカー張りにダイレクトに伝わります
(デュエリスト並感


但しロールケーキ生地が薄味メープル風味なのが後半に冴えない印象、
生地ないしクリームにもマロンを取り入れたらより良くなるような気がするよ(°ー°〃)


そして今回の中で一際気に入ったのが、
ストロベリータルトでっせ|*・д・)ノ


口に運ぶと絶え間なく小気味良くサクサク音を奏でるタルトが堪らなくツボにハマる、
ひんやりしたカスタードクリームと甘酸っぱい苺との相性も群を抜いた仕上がりに(ㆁωㆁ*)


タルト生地の周りにアーモンドチョコレートがコーティングされているので、
従来のタルト生地よりもパリパリ感がプラスされているのだす
(`・ω・´*)


名物マンゴープリンは以前と変わらぬ味わい深さ、
タピオカ入りココナッツミルクの下には濃厚なバニラとマンゴー双方の長所が引き出されたマンゴープディングが姿を現わす贅沢な一品だす
(o・v・o)


経験上ケーキバイキングのマンゴープリンって業務用パイナップル&マンゴーのリキッドをてきと~にまぜまぜして作られたのが多いから、
丁寧な仕事をしたマンゴープディング頂くと嬉しくなりますナ‡


生物で習ったミトコンドリアみたいな形をしたレモンライムチーズケーキはやっぱり独特な形状がインパクト抜群に目を惹きますぞい、
これまで多少あちこちのお店に行きましたがこんなにミトコンドリアにクリソツなスイーツはこれが初めて
(●´ϖ`●)♪


そのミトコンドリアを口に含むとホロホロシュワリと崩れゆく繊細さ、
軽くバーナーで焼かれたクリーム部分にはライム果汁と果皮が用いてあるからほんのりと黄緑色
(´=ω=`)


チョコレートマッドケーキはいわゆるアナベルガトーショコラ、
甘さ抑えめで口当たりはカルカッタ
(●´ϖ`●)


ショートケーキは基本に忠実、
ふわふわと口当たりは良くて生クリームにもしっかりとしたコクが感じられるლ(´ڡ`ლ)


パンドーロは星型のケーキを幾重にも幾重にも榊原郁恵にも重ねて両脇に並べられておりました、
今回のスイーツの中ではビジュアル2等賞♪
(๑´ڡ`๑)


味はバニラとメープル半々くらい、
きめ細やかな生地にフォークも軽やかに動き回る
(°ー°〃)


スノーボールはお馴染みの粉糖ホワイティアホロホロクッキーではなくて、
半球体部分が濃厚ホワイトチョコレートムース、
下にはサクサククッキーが敷いてあったのん
(・ิω・ิ)


シャンパンムースとラズベリーはシャンパンが微かに香るヴァニラムース、
こう言ってはなんだけど何の面白味もないw


みかんゼリーはさぱっとしてて〆にうってつけ、
中にはブルーベリーも入ってたよ☆


とまあ全体像はこんなんでした、
メニュー構成は去年の年末にリッツカールトンで開催されていたクリスマススイーツブッフェと似ていた印象です
(●´ϖ`●)


とりわけ変わらぬマンゴープリンを皮切りにショートケーキやストロベリータルト、
特異な形をしたライムチーズケーキといったペニンシュラのホテルメイドスイーツを存分に味わえて年の瀬にゆったりした有意義なひとときを過ごせました(๑´ڡ`๑)


価格が価格なだけに万人には薦められませんが、
自分へのご褒美やバブルを齧った40代辺以上のご夫婦がデートに使うには最適なお店だと思いますぞい
(ӦvӦ。)


そして最後に2017年も色んなアクシデントがあったものの何とか拙いケーキバイキングを続ける事が出来ました、
周りを見渡すとブログを止めて段々と青い鳥やインスタ専業にする方が増えた中で…
この文も写真も欲望の開放のさせ方もへたっぴなブログを見て下さり誠に誠に感謝しておりますぜ
ლ(´ڡ`ლ)


なんだか長かった今年は現在200件以上を掲載したブログ図鑑を作ったり、
写真を500万画素→1900万画素にしたりと少しづつ変化を加えて参りました( ̄ー ̄)


来たる2018年はケーキバイキングにおいてどのような流行が生じ、
それに伴いどんな新しいお店が増えるのか…
それを神奈川の片田舎から定点観測していこうという次第なのですよ(●´ϖ`●)


これからも精進を続けて参りますので、
宜しければ2018も変わらぬご愛顧の程をよろしくお願いしますのん٩(๑òωó๑)۶



【大晦日のファイ】
パスワード付きのワイファイがありました、
Wi-Fiのpassはpeter2017だったから来年は7のとこを8に替えたら良いかもね(°ー°〃)


回線はちょっぱやな高速だす、
個人的に回線が早かったケーキバイキングベスト3はグランドハイアット・八重洲フォーシーズンズホテル・小田原ヒルトンだったりするが、
ペニンシュラホテルも同じくらいの速さだったんよ
(๑´ڡ`๑)

Peter/ザ・ペニンシュラ東京 【12月31日限定】特別4品コース大晦日サンデーブランチ!デザートブッフェもご用意!



ブログランキング・にほんブログ村へ
2017/12/31(日) 23:59 | trackback(0) | comment(0)

【初夏最新版】有楽町・銀座のザ・ペニンシュラホテル東京『Peter【New Concept Lunch】』のスイ-ツブッフェに(2016年7月)♪♪♪♪♪

カテゴリー: 有楽町・日比谷のペニンシュラ東京『ぺーター(Peter)』のケーキバイキング♪











ついさっきまでこの前やってたSasukeを見てますた、サスケオールスターズの長野さんは最後までクールだった…もう一度なんかの形で番組に出て欲しいッスね(o・v・o)♪


あと人生=Sasukeの山田さんが率いる山田軍団黒虎が着々と勢力を伸ばしてて吹いた、
独特な山田フォントが笑いを誘います山田山田


さて有楽町駅から程近い所にあるペニンシュラホテル東京『Peter【New Concept Lunch】』のランチ付スイ-ツブッフェに行ってきたそうな、ゴールデンウィークのデザートブッフェは控え目に言っても糞だったけれども…

タイミング良く4700(120分)⇒3500(90分)となる割引プランを見つけたので、
ランチついでにいいかなと(*^¬^*)


さぁ、
ケーキバイキングのに先ずは前菜ビュッフェだす(^з^)


前菜ブッフェの中で良かったのがカンパチのカルパッチョです、
ハリハリとした薄切り大根と合わせて頂くと端正な白身魚の味が一層引き立てられて旨い(*´▽`*)

後半はカンパチのカルパッチョは補充なかったので、
実は人気なのかも
|*・д・)ノ


スブニールの5割増し位はある大振りキッシュはベーコン&ポパイが入ってますた、
味はわりあいさっぱりめ(≧∀≦)


カクテルシュリンプはマヨッとピリ辛&鴨胸肉のハムサラダはローストビーフのやうなジューシーさがバケットと良く合います、
ローストポークは朝飯に食べたら良さげな感じ(*´ω`*)


あとはOZIOやお台場&名古屋ヒルトンでもお馴染みトルティーヤチップス先生&辛めサルサソースがあるのも嬉しいだす(*゚ー゚*)ノ


後半のデザートバイキングタイムの時に、
このチップス&サルサは箸休め&口直し的なミーニングで重要なサポート役となりました(*´∀`)σ

メインはUS産ハラミステーキ&フレンチフライにガーリックハーブバターを添えたものを選んでみたの(o・v・o)


なんとまぁポテトの量がアメリカンでWild Wild Westだすナ、ステーキもワイルドかつ肉を食べた感があって良かったわぁ(((o(*゚▽゚*)o)))


これらを食べ終えたらいよいよデザートブッフェ、
忌まわしきゴールデンウィーク以来1月半ぶりのペニンシュラホテル東京『Peter』のスイ-ツブッフェは如何なる進化を遂げたかしら
(`・ω・´*)?


それがこんな感じ↑

パンナコッタはパッションフルーツのさわやかな酸味と、
滑らかミルキーなパンナコッタの優しい味がそそりますネ‡


前回も見かけたマンゴープリンは変わらぬ味わい深さ、フレッシュマンゴーを贅沢にあしらったその下には濃厚なバニラとマンゴーお互いの良さが引き出されたマンゴープディングが姿を現わす贅沢な一品
(o・v・o)


ケーキバイキングのマンゴープリンって業務用パイナップル&マンゴーのリキッドをてきと~にまぜまぜして作られたのが多いから、
丁寧な仕事ぶりが嬉しくなりますナ‡


壷みたいな器に入った葡萄が乗ってるスフレチーズケーキは口の中でホロホロシュワリと崩れゆく繊細さ、
こういうのたまに食べたくなりますネ
(´=ω=`)


そして今回の中で一際気に入ったのが、いちじくのタルトでっせ|*・д・)ノ


口に運ぶと小気味良くサクサク音を奏でる絶妙に薫り高いタルト生地の上には、焼きいちじくさんがこれでもかと言わんばかりにスタンバってまふ(*゚ー゚*)ノ


更に生のいちじくが添えられてて、
フルーツ部門でもパワーアップが図られてる模様(`・ω・´*)

ショートケーキはココアスポンジ、
ふわふわと口当たりは良いがとりあえずショートケーキ系置いとこうぜ的なやる気のない味が見え隠れw


クリームブリュレは珈琲だった、
苦みばしった珈琲の特性を活かした質の高いクリームブリュレは必食だす(^з^)

別皿で提供されてたチョコレートムースは外側がトロリと滑らか生チョコ&内部にベイクドチョコ&上にクランブルな焼き菓子といった磐石の体制、
味わい深く濃厚ですぞ!頬っぺたが思わずほころびますナ
ヽ(´ー`)ノ


マスカットゼリーはさらっとしてて〆にうってつけ、
フルーツサラダは大皿だと助かるかな☆

前回は見かけたかったけれど、
今回はチョコレート3種類が新しく増えてますた(*´ω`*)


中でも緑の縁石みたいなチョコレートは、
中に抹茶クリームが入っておりアイスティーと合う濃いめな味わいですぜ
(`・ω・´*)


しっかりしたメイン&趣向に富んだ前菜ブッフェ&賑やかなデザートブッフェとこれだけ楽しめる現状で3500というのは結構なお得感がありますた、
眺望も素晴らしいこのお店のスイーツブッフェが7月の勢いのまま良い方向に進化してくれたら有難いけれど…


前回(2016年5月)みたいなしょっぱい5000円ケーキバイキングの経験もあるために、
手放しでわふ~い良くなったと喜べないのが正直なところ
(*´∀`)σ


8月夏休みお盆で人増える⇒濡れ手で粟したろ!なんて一流ホテルがするはずないよねと無邪気に考えていたり☆


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑参考になったら押してくださいな
ヽ(´ー`)ノ


けろさんが唐突煙突に載せたムハンマドみたいな自撮りは一体なにがあったのかしら…?
2016/07/05(火) 23:21 | trackback(0) | comment(4)

【2016年GW版】有楽町・日比谷の『Peterバ-(ホテル ザ・ペニンシュラ東京)』のデザートビュッフェに(2016年5月)♪

カテゴリー: 有楽町・日比谷のペニンシュラ東京『ぺーター(Peter)』のケーキバイキング♪




いやぁ艦これアーケードの人気が凄いですな、
今日SEGAに遊びに行ったら4時間待ちとかで確定申告〆切前日の税務署並の混雑に見舞われ…


カードがやふおくで数万の高値が付いてる事も要因の1つかもですがガンストやエクバや戦場の絆以上の熱狂は嬉しいですナ、
ゲーセンのアーケードゲームがこんなにも賑わうのは21世紀初の出来事じゃないかしら(*^¬^*)


さてはて九州の豚骨ラーメン達と泣く泣く別れを惜しんだ後に向かったのが、
有楽町・銀座駅前にあるザ・ペニンシュラホテル東京『Peter』のケーキバイキングです(*´ω`*)
今回開催されたペーターのスイーツブッフェは2016年4月27日~5月7日(ゴ-ルデンウィ-ク)の間で、
12:30~or14:30~2部90分制となってますた (*´∀`)σ

※お値段は1人4800だったかな


1年半前にも同様のスイーツビュッフェを開催していたみたいなので、
その時と較べると果たしてどんなもんか…(^ω^≡^ω^)



因みに、日比谷駅よりもJR有楽町駅の日比谷口から左斜めに進むと近いです
だいたい4分も歩けば着くかと‡


とまぁしょうもない長い前置きはど~でもよい、
今回のペニンシュラの甘いものラインナップはこんな感じですた( ゚∀゚)


…はっなんだこれ?


平日のランチ付属のスイーツブッフェそのまんまですやん、
以前のアフタヌーンスイーツブッフェに登場していたサクサクのスコーンは?ギガンティックなマカロンは?パティシエ手作りの凝ったメニューはいずこ?


一年半前のスイーツブッフェと比較するとあまりの経費削減と簡素っぷりに幾分ビビりつつ、
それぞれのメニューでも書いていきますかナ(≧Д≦)


今回初めて見かけたのが苺チーズケーキ&ミニブルーベリータルトです(*゚ー゚*)ノ

ブルーベリータルトは小さいながらもタルト生地の香ばしさとザクザクした歯触りが楽しめますた、 苺のチーズケーキは見た目は華やかだけれど味は並のクリームチーズケーキだった‡


小皿に乗ってるマンゴー&ベリーのムースはなんか薄味、
これじゃ業務用と大差ないんでいずれかの特徴が出てた方がいいかもね(o^ε^o)

キウイ&マスカットのパンナコッタは非常にフルーティーで〆にうってつけ、
抹茶パウンドは生地がみっちりと詰まっていて濃厚ですた♪ヽ(´ー`)ノ


クランブルタルトは今回はチェリーですた、
相変わらずのサクサクっぷりはクセになる高品質だす
(*´▽`*)


ショートケーキ&クリームブリュレは別段特徴もない、
よく中の上以上なケーキバイキング店で見かけるヤツですな
(((o(*゚▽゚*)o)))


マンゴープリンは相変わらずマンゴーを贅沢に用いた醍醐味が楽しめます、
いつも変わらぬ安定感が有り難いッスね|*・д・)ノ


ドリンクはコーヒーグループorハーブティーグループのどちらか片方がお代わり自由という形式ですた、
タイグリーンティがレモングラス&緑茶の配分が絶妙で終始こればかり飲んでたよ~な(o・v・o)


あとはフルーツ類は残念ながら改悪されてた、
4月の時にはマンゴーやらメロンやらブルーベリーをふんだんに用いていたフルーツサラダが今は小皿に小さくドラゴンフルーツ+アルファとなったのは正直手抜きっしょ、
平日はあったドラゴンフルーツの輪切りもなくなってたのも重ねて残念な☆


もうちょいスイーツブッフェならではの手の込んだデザートがあるかと思いきや…


普段はランチ+前菜ブッフェ+デザートブッフェがセットになっている平日プランと同じ価格でこの内容(平日プランのデザートブッフェのみで4800)は個人的にはマーブルラウンジのクリスマスフェア並にげんなりポイント、
我が儘言っちゃうとこれならリッツカールトンのタワーズかインターコンチネンタルのシェフズライブキッチンに行った方が満足感は高いです(*´∀`)σ)д`*)ツンツン


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑参考になったら押してくださいな~
(o^-^o)♪
2016/05/03(火) 22:55 | trackback(0) | comment(1)

【最新版らしい】有楽町・銀座のザ・ペニンシュラホテル東京『Peter【New Concept Lunch】』のスイ-ツブッフェに(2016年4月)♪♪♪♪

カテゴリー: 有楽町・日比谷のペニンシュラ東京『ぺーター(Peter)』のケーキバイキング♪











最近は風邪で更新をサボりマン気味だったんで、
来週から頑張るぞい!(’∀’*)


熊さんやらけろさんといったガチ勢のバイキンガーさん達が、
テラスでクレミアトリプルてんこ盛りスイーツバトルを繰り広げている間にひっそりと訪れたのがこのお店です~(*^¬^*)


有楽町・銀座のザ・ペニンシュラホテル東京が、
【Peter New Concept Lunch】と銘打って始めたのが今回のプランでさ(o・v・o)♪

どうやら2016年4月1日以降のランチタイムに前菜&デザートはブッフェが付いてくるとのことで実情が気になるべく訪れたのです(*´ω`*)

さて先ずは前菜ブッフェから(o^-^o)


スブニールの2倍近くある大振りキッシュはサーモンが入ってますた、
味はわりかしさっぱりめ(≧Д≦)


カクテルシュリンプはピリ辛で、
後半に訪れる甘いもん尽くし時のアクセントにうってつけ
|*・д・)ノ


鴨胸肉のハムリンゴ葱と胡桃のサラダはローストビーフのやうなジューシーさがバケットと良く合います、
見た目じゃがいもみたいな黄色いサイノメが林檎だったのは驚き桃の木山椒の木w


メインディッシュはポークローズのグリル ルビーポテトとキャラメリゼした玉ねぎ バジル香るピストーソースという、
やたら長い名前のメニューにしてみたの(’∀’*)


脂っぽくなくさっぱりと焼き上げられたメインでボリュームも充分、
バジルソースの量がもうちょいあればパンと共に楽しめたのに(-.-)zzZ


さてそれらを食べ終えたらいよいよデザートブッフェです、時刻は3時…今頃はおちびさんが動画撮影タイムに勤しんでる頃合いかしらw


季節のフルーツロールケーキはクリーム&スポンジ共にふわふわ、
これは並のショートケーキを凌駕する満足感(*^¬^*)


ストロベリーパンナコッタは苺ソースの強い酸味と、
滑らかパンナコッタの優しい味がいいですネ‡


クッキーはサクサクですがお台場ヒルトンと較べると一歩劣るかな☆


円形フィナンシェがサックリと焼き上がっており香ばしさが深遠な味わい、
ケーキバイキングのフィナンシェでこんな丁寧に作られたのは珍しいかと(o^-^o)♪


前回も見かけたマンゴープリンは変わらぬ味わい深さ、
フレッシュマンゴーを贅沢にあしらったその下には濃厚なバニラとマンゴー両者の良さが引き出されたマンゴープディングがお目見えする贅沢な一品(o・v・o)


ケーキバイキングのマンゴープリンってパイナップル&マンゴーのリキッドをてきと~にまぜまぜして作られたのが多いから、
こういう一手間が嬉しいです
(*´ω`*)


赤の飾りチョコレートも艶やかなスフレチーズケーキは口の中でホロホロと崩れゆく繊細さ、繊細に特化し過ぎてたのでチーズならではの芳醇さが欲しいかも(´=ω=`)


微かにメイプル超合金パウンドケーキはサックリとしっとりの二世帯住宅、
生地はフィナンシェと似たものかな‡


そして今回の中で一際気に入ったのが、普段は図書室で本読んでるメガネキャラ並に地味なブルーベリークランブルタルトでっせ|*・д・)ノ


口に運ぶと小気味良くサクサク音を奏でるタルト生地にはブルーベリーさんがふんだんにinされていまふ、
更にクランブルが加えられる事で食感が増すこと増すこと…カステラじゃないけれどタルトの端っこが味わい深いだす
(`・ω・´*)


※カステラの端っこ談義については、
向田邦子さんの父の詫び状ってエッセイ読むと趣き深いかと‡


また、
ぺーターの密やかな楽しみがオレンジとグレープフルーツにメロンといった他店とは一線を画したフレッシュなフルーツ類だったりするの
(=´∀`)


前回は梨のミント漬け、
今回は丁度良い厚さにカットされたドラゴンフルーツが口の中を涼やかにしてくれました(’∀’*)

更に見逃せないのがフルーツサラダですネ、
しゃきしゃきとして新鮮なイチゴにドラゴンフルーツにイチゴにマンゴーが使われたフルーツサラダは食べると心がほっこりします(*^¬^*)

巨大マカロンのリストラクチャリングは残念ですが、
フルーツサラダ&マンゴープリンで予想外にマンゴー充ができたので…雰囲気と眺望も相まって個人的にはお値段以上の満足感が味わえました|*・д・)ノ


贅沢言うならば堅いドイツパンとチーズのコーナー要らないから、
その分のリソースをデザートに割り振ってくれたらな~と
ヽ(´ー`)ノ
←安定の何様感
Peter/ザ・ペニンシュラ東京 【一休会員様限定】前菜・デザートはブッフェで!平日ランチ限定で通常5,520円→4,800円!

↑今回のプランはこちらから(はうじえstyle)


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブロぐるめ!食べ歩きポータル


(This Tokyo Dessert&Cake buffet Introduction Blog is written by Kasiore)


※Dessert buffet means All you can eat in Japan(As an Example, Marble Lounge and Sweets Paradise).


Dessert Buffet restaurant name: 『Peter』


Closet Station: [Yurakucho&Ginza]Sta.

Opening Time: AM11:00~15:30


Cake Buffet Price: <4800~5500> Yen (In Tax)


Recommend Menu:BlueBerryCrumble Tart


↑参考になりそうなら押してくだされ~
(o^-^o)♪
2016/04/04(月) 20:13 | trackback(0) | comment(2)

有楽町・日比谷にあるペニンシュラ東京『ぺーター(Peter)』のデザート&前菜ビュッフェ(2015年8月)♪♪♪♪♪♪

カテゴリー: 有楽町・日比谷のペニンシュラ東京『ぺーター(Peter)』のケーキバイキング♪











突然ですが、
鬼=バイキング(食べ放題じゃないよ北欧の交易民族だよ)という説を数年前から考えています( ̄ω ̄)


鬼の特徴である、

・色は赤か青
⇒漂流して青ざめてると青&酒のんでると赤に見える


・角が生えてる
⇒バイキングの族長兜には二本角もある(ヴィンランド・サガを読むとバイキングの生態に詳しくなるよ♪)


・髪が玉蜀黍のやうな
⇒バイキングってフィンランド&アイルランドとか北欧の方々だし…ま、多少はね☆


鬼の体格がデカいというのも、
当時の日本人(平均140~150センチ)が西洋人見ると巨人や!進撃の巨人や!と思うに違いないので、
アルフレッド・ウェゲナーが提唱した大陸移動説並に割りと当てはまるのではないだろ~か?
(=゚ω゚)ノ


…とまあ長々とこね繰り回した駄文を読ませて誠に申し訳なす、
今回訪れたのは有楽町・日比谷にあるペニンシュラ東京24階の『ぺーター(Peter)』というお店なのん( ̄ε ̄)♪


2014年の12月にクリスマスアフタヌーンデザートビュッフェを開催してたときにも訪れたので、
今回は2回目ですナヾ(o゚ω゚o)ノ゙


有楽町・日比谷のペニンシュラ東京『ぺーター(Peter)』では今年(2015年)になってもアフタヌーンデザートブッフェを何度か一休限定プランで開催してたのですが、
なかなかタイミングが合わなかったねん(゜Д゜≡゜д゜)


今回は趣向を変えて日曜日限定で12:00~14:30に開催されている、
デザート&前菜ビュッフェを利用してみたの(1人4500ですた)

まずは前菜を一通り、
朝食に出てきそうなパン類はいずれこれからだよね!の人が解説すると思うのでスルーしますw
(関係ないけど、東京朝食日記の朝食記事が4分割とかなってて大変に分かりにくい…アクセス数を増やしたいのはわかったから見やすく作って欲しいッスよ)


食べてないけど、
ラズベリーのデニッシュとかマンゴーのデニッシュとかありました☆


ライスコロッケ?みたいなのは雑穀になっていて食べがいのある一品です、
コロッケ?の下にあるトマトソースと一緒に食べると高級なお弁当ライクな面持ちに(=゚ω゚)ノ


豚肉をサイコロ状にして上げたものは箸休めに最適、ファミレスのポテトの如くいくらでも食べれる感じだったのぅ
ヾ(o゚ω゚o)ノ゙


前菜を一通り堪能したら、
いよいよスイーツビュッフェのお時間♪

まずマカロンが巨大な事にびっくり☆
普通の二倍近く、イルブリオ&ステマ疑惑が浮上中のスブニールマカロンの3倍はあったねぃw


見た目のみならず味も中々…クリームの中心部にベリーならベリー&レモンならレモンの濃厚なフルーツソースが入ってるので、
味にアクセントが付いてメリハリある甘さになってまふた
(=゚ω゚)


次に良かったのは黒豆のパンナコッタです(o^ε^o)


上にある黒豆・黒蜜のジュレ&とろけるようなパンナコッタの相性がもうね抜群‡


似たよ~なものは浜松町インターコンチネンタルのシェフズライブキッチンにもあるけれど、
こっちの方が一回り美味いッス(っ'ヮ'c)

チーズケーキ&フルーツショート&チョコの飾りが麗しいチョコケーキも中の上位には美味しく頂けました(=´∀`)


そうそう、
今回のスイーツブッフェで一番個人的に嬉しかった&オススメなメニューはフルーツサラダですぜ☆

たっぷりの日本梨にミント&レモン&シナモン+αの隠し味を加えた、
此処でしか味わえないメニューかと
(●'д')b


ほら、ケーキ食べ放題で梨っていうと重たい単調なタルトポワールとか缶詰フルーツの洋梨とかの安物ばっかじゃん???


前日まで試験の反動で高熱に魘されてたのもあってか、
シャキシャキ&ミントで爽快な梨が無性に堪らなく身体に心地よかったの(o^ε^o)


このフルーツサラダに加えて、
ペニンシュラ東京『ぺーター(Peter)』では果物が極めて豊富に揃ってたイメージ( 'ω' )


たっぷりのパパイヤにイチゴにドラゴンフルーツにイチゴに梨にメロンにスイカなどなど…


なのでフルーツの新鮮さと種類で言えば新宿高野にだいぶ勝っていますナ(向こうはメロン&オレンジ&スイカ+α位だからねw)


ソフトドリンクはオーダー式でお代わり自由になっていて、 氷の形がお洒落なのが印象的ですた☆
( 'ω' )


黒を基調とした店内は程よくエラバレシモノノコウコツトフアンガココニアリみたいな幸せリラックス気分を味わえるので、予約が取れたらまた行きたいCOOLなお店となりました
ヾ(o゚ω゚o)ノ゙


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

バイキング・食べ放題 ブログランキングへ


ブロぐるめ!食べ歩きポータル

( This Tokyo & Japan Dessert & Cake buffet Blog is written by Kasiore)

Buffet restaurant name:『Peter』

Closet Station:[Yurakuchou]Sta.

Buffet Time: PM12:00~PM2:30(Sunday)

Buffet Price: <4500> Yen (Include VAT 8%)




THE BED ROOM


↑参考になりましたら押してくださいな(o^Δ^o)


しばらく気が向いたので、英語表記も併用するデスヨw
2015/08/25(火) 00:01 | trackback(0) | comment(0)