User-agent: MegalodonDisallow: /

【最新版】藤枝にある『mirabelle(ミラベル)』のケ-キバイキング・スイ-ツブッフェ(2017年9月)♪♪♪♪♪♪♪

カテゴリー: 名古屋・静岡の東海・中部地方のケーキバイキング♪♪



ぶっちゃけた話、アクセス数というのは夜間・西葛西・ソマー・テラス・ozioといったバイキンガー御用達ベストファイブを書いた方が伸びるのです(ӦvӦ。)


あの5店はケーキバイキング好きだと皆が行ってるから共通項の前提条件になりやすい、
つまりは初対面で性別・年齢・社会的位置全てが異なったとしても話の取っ掛かりになりえるんだよという学生に特有な謎のウエメセですなナハハハハ(; ・`д・´)


試しに一番上記事のリストをどれでもいいからクリックしてみ、
あのリストの方々の6割が上記の5店に行ってるから
(*´﹃`*)


それはさておき此処はワンパターン店が苦手なケ-キバイキングブログ、
今回は藤枝にある『mirabelle(ミラベル)』っつ〜ところだす(●´ϖ`●)


にしても神奈川東京千葉からすると藤枝ってどこぞ?ってなるやもしれぬ、
答は静岡の更に向こうだよΣ(´∀`;)


脇道にそれますが藤枝のケーキバイキングと言えば毎日ケーキ食べ放題をやってるカクタスハウスですな、
数週間前に訪れてうっかり終電を逃した藤枝にこんな早いスパンで再訪するとは夢にも思わなんだ٩(๑´0`๑)۶


藤枝駅からミラベルまでは北口(カクタスハウスの反対出口)より歩いて20分&
タクシーで8分かつワンメーター690円区間だったみょん
(ㆁωㆁ*)


参考までに藤枝にある『mirabelle(ミラベル)』のケーキ食べ放題は、
2017年9月12日〜9月22日までの平日のみ開催で大人¥1850(税込1997)&
10:00~・12:00~・14:00~の3部構成で制限時間90分制となっとりゃす(°ー°〃)


ダメ人間がケーキバイキングにハマって13年目にして初めて新幹線とタクシーを併用して辿り着いた藤枝は『mirabelle(ミラベル)』のスイ-ツブッフェ、
果たしてどんな品揃えが待ち受けているのか…(・・?


あ、注文は1回につき3品までをショ-ケ-ス前で注文する形式ですぞい♪


大きな国産の栗が載った和栗のモンブランは、
マロンクリームも栗の食感を残している野趣味溢れるワイルドスギちゃんな一品ですぜ(๑•̀ㅂ•́)و✧


土台はバイキング時には嬉しいメレンゲで、
メレンゲ特有の軽くザクザクした食感については隠し味のアーモンドが1役買っておりました(✽ ゚д゚ ✽)


ク-ルエレガンスは女子供カシオレの心を掴む真っ赤なハートが目印だわさ、
ドモンじゃないけど『俺のこの手が真っ赤に燃える。お前を倒せと輝き叫ぶ』と言いたい位に真っ赤ですね…
真っ赤な誓い٩(๑´0`๑)۶


中はラズベリー・イチゴ・クランベリーの3種類のベリーに加えてミルキーライチが使用しているよ、
ムースのやわっこい滑らかさと共に甘酸っぱい味わいのキュートなケーキは流石ケーキ屋さんだ〜と膝を打つ一品
(●´ϖ`●)♪


ミルフィ-ユはキラキラとこんがり焼かれたパイと、
香り豊かなバニラが薫るカスタードクリームの調和が素晴らしきかな(๑•̀ㅂ•́)و✧


ケーキバイキングでこんなにキラキラして音までパリパリと心地よいミルフィーユって滅多に見かけませぬ、
口に入れた瞬間に広がる甘く華やかな香りには間違いなく心躍るでしょうな(๑´ڡ`๑)
←胃に余裕があればお替わりしたかった★


グレープショ-トはジェノワーズと生クリーム、
更には葡萄のバランスが味のポイントとなっとりゃす
(ӦvӦ。)


乳脂肪分が異なる5種の生クリームをブレンドすることで作り上げられた生クリームが、
舌の上で踊る飛び回る跳ね回る\(^o^)/


ここの生クリームについては美味いとかコクが濃厚とかいう安易な表現をするのが勿体無い、
中断に隙間無く葡萄が敷き詰めてある非常にフルーティーなショートケーキだったぞい(*´ڡ`●)


季節のショートケーキはバナナと無花果が4:1位の割合で用いられてたよ、
悪くはないがこれ食べるなら葡萄ショート2個食べた方がいいかな〜とも思ったり(ӦvӦ。)


ロランジュは率直に申し上げてオレンジケーキ、
上に輪切りオレンジのコンポート&
スポンジやクリームにもすりおろした柑橘果汁が用いられていたんだぞい(ㆁωㆁ*)


アルハンブラは上半分をたっぷりのホイップクリーム、
下半分をチョコでかっちりコーティングしたナッツ入りガナッシュクリームで構成された一品だす(•ө•)


下に敷いてある甘じょっぱいビスケットとチョコは強固にくっついておりちょっとやそっとじゃビクともしない、
ナッツとミルクチョコの組み合わせは小食だから頻繁は厳しいけれど、
たまに食べたくなりますネ(ㆁωㆁ*)


にしてもアルハンブラと言えば、
HELLSING好きなら真っ先にトバルカイン・アルハンブラが思い浮かぶのではないかしら(*゚∀゚)


袖の下から無限に湧き出るトランプを駆使して戦うcvほうちゅうの伊達男対アーカードは、
無類のHELLSING好きからすると作中屈指の名シーンな気がするよ(๑´ڡ`๑)


パンナコッタは上にガーデニングを模したココナッツサブレが乗っているのが誠にオシャンティ、
下のソースには苺とブラックベリーのコンポートが入っているのです(ㆁωㆁ*)


後半に選んだので分け入っても分け入ってもパンナという、
なかなか無くならない感がありました(。ŏ﹏ŏ)


ととプリンはパティシエの息子6歳がこよなく愛するプリンだと説明のとこに書いていたやうな、
パステルみたいな絹みたく口当たり滑らかなプリンとビター過ぎないカラメルが合わさった食べるとほっこり懐かしい気分になるプディングですぜε-(´∀`*)ホッ


苺プリンはココナッツが仄かに香る苺ピューレが上半分に用いられていたんだぞい、
ココナッツの分ととプリンよりも幾分あっさりめ
(*´ڡ`●)


あぁそうそう、
隠れメニューでかき氷が注文出来る事に気がついたんだよ
(*´ω`*)


かき氷は四日日ミカンとミックスベリー、
カフェオレとトロピカルの4種類がありました
(ӦvӦ。)


トロピカルを注文したらマンゴーソースがガツンと濃い目で食べやすく涼しくなるんDA、
見た目は山のようですが頭がキーンとならない位に適量ですた(・ิω・ิ)


あと見落としがちなのがショーケース右の焼き菓子類も食べ放題に含まれるのですぜ、
ついでに言うと左側ショーケースの丸太ロールケーキやホールケーキも食べ放題に含まれるそうな(●´ϖ`●)


マカロンが6種類に小判型のベイクドチーズケーキ&チョコチーズやらどら焼き、
平べったくしたぺこちゃんのほっぺじゃないソレイユとかがありました
(•ө•)


当初は最後に焼き菓子で〆る算段でしたが途中でかき氷があることを知って予定が変わってしもうた、
ビオレという名前のマカロンが気になったのでそれだけ食べました(ӦvӦ。)


ネーミングから推察出来るようにビオレママになろうな弱酸性ではなく、
グレープフレーバーのサックリと色鮮やかなマカロンだったよん(*´ڡ`●)


そうそう、
軽食はスープとクロワッサンサンドウィッチが用意されておりましたぜლ(´ڡ`ლ)


クロワッサンサンドウィッチは乾燥した生ハムと卵サラダが挟まれてたの、
サクサクで芳ばしいデニッシュは多分このお店のオーブンで焼いたんじゃないかしら(●´ϖ`●)


スープはコンソメスープだす、
見た目には解りにくいですが中にすりおろした玉ねぎと人参が入ってたよ(ㆁωㆁ*)


それより何より驚いたのがスープの器です、
ん?なんとウェッジウッドのワイルドストロベリーじゃないかたまげたなあ(*´ω`*)


これまで行ったケーキバイキングのお店でブランドモノの器を使ってるお店は存外少ないです、
ホテルでも大抵はノリタケかニッコーどまり(ㆀ˘・з・˘)


数少ない例外が吉祥寺 多奈加亭でミントンのハドンホールをよく使っていたねまた復活しないかな食べ放題、
あとは横浜ニューグランドホテルはクリストフル使ってまたが肝心のデザートの質がお粗末さんでしたw


今回見かけなかったまるごと桃のタルトやいちじくまるごとタルトやら午前中になくなるらしいシャインマスカットタルトもさることながら、
ストマックの容量的に食べられなかった焼き菓子類が来年の課題となったので次こそは今の個数+3つ位頑張れたらいいなという午前2時踏切での希望的観測ლ(´ڡ`ლ)


個人的な感想ですが笠間グリュイエールと新浦安にあるPatisserie-Plume(パティスリープルームのいいとこ取りみたいなこの造りで90分はなかなか太っ腹だと思います、
土日にやるなら飛んでいきそうな方々に数名心当たりがあるよ(●´ϖ`●)


つーか関東だと予約バトルの前段階で情報戦もあるし60分とか45分だから幾分せわしないんじゃあ、
関東もここ見習って吐くやつの対策を立てつつお店に利益がでるよう値段上げて時間増やしてくれい…


あぁ群馬ロイヤルホテルは90分でしたな、
あの記事は珍しく褒められたのでブロガーさんに評判良かったぽいです( ・´ー・`)ドヤア

ブログランキング・にほんブログ村へ
2017/09/14(木) 00:02 | trackback(0) | comment(0)

【最新版】藤枝にある『Cactus House(カクタスハウス)』のディナーケーキバイキング・スイ-ツブッフェに(2017年8月)♪♪♪♪♪♪

カテゴリー: 名古屋・静岡の東海・中部地方のケーキバイキング♪♪



わりとわかり易い奴隷の鎖を見つけて、
なんだこれ43%とか闇が深すぎるやろカウカウファイナンスやん…(´-﹏-`;)


と思ったのが先日の話、
いや~リアルって下手な怪談よりも怖いデスネ(。ŏ﹏ŏ)


さて今回は藤枝にある『Cactus House(カクタスハウス)』のケーキバイキング・スイ-ツブッフェに、
多分4店目位の静岡ケーキバイキングだす
(๑•̀ㅁ•́๑)✧


参考までに藤枝にある『Cactus House(カクタスハウス)』のケーキバイキング・スイ-ツブッフェは
平日は11:30~14:00と17:30~20:00、土日祝14:00~17:30に実施されており、 平日:パスタランチ付き 2,500円&3,000円 休日:ケーキバイキング2,000円


タクシーは920〜1060円区間かな、
片道27分を歩くのはめんどい(。ŏ﹏ŏ)


ディナ-は↑のメニュ-から1品&前菜ないしス-プがえらべます、
この前タベホの人も訪れてた群馬ロイヤルもそうですが、
しっかりした食事がついてくるのは有り難い♪


ハヤシライスはキノコとミジンギリにした牛肉を炒めたものです(写真はご飯少な目)、
予想外にオリジナリティを発揮していて驚いた( ˘ω˘)スヤァ


そうそう、
藤枝にある『Cactus House(カクタスハウス)』のケーキバイキング・スイ-ツブッフェはこんな品揃えだったよ↑

ローズムースは上にブルーベリーが乗ってました、
小さいながらも薔薇の格調高い薫りが楽しめますな
٩(๑´3`๑)۶


苺ムースはグラスに入っての提供だす、
ケーキバイキングでよくある味としか言いようがないw


レアチーズはヨーグルトが効いてありさっぱり目、
ベイクドチーズがどしっと濃厚なのとは対照的デスな
(๑´ڡ`๑)


一番気に入ったモンブランは下にカシスがたっぷり用いられていました、
カシスの酸味と栗のホクホクした緩急のバランスは、
流石ケーキ屋さんだと舌鼓を打ちながらほくそ笑む
٩(๑´3`๑)۶


無花果タルト・フリュイはタルト生地の上にミルク分多めカスタードと、
フレッシュ無花果が渾然一体となってあしらわれていたよ、
タルト生地がフニャついていたのがかえすがえすも残念ね(ΦωΦ)


2番目に気に入ったオペラはコクがあるピスタチオクリームとコーヒークリームが奏でる協奏曲が堪りません、
1言で言い表すと甘じょっぱヘブンとかそんな(๑•̀ㅁ•́๑)✧


関係ないけど、
甘じょっぱいスイーツだけを集めたスイーツビュッフェってどっかでやらないかなあ( ・ิω・ิ)
 

洋梨のシャルロットは小さいながらも周りのサクサクしたビスキュイや上に乗った洋梨も丁寧に作られてます、
クリームチーズと洋梨って合うんデスね(*´﹃`*)



イチゴのショートケーキはジェノワーズが香ばしい、
優しい生クリームも合わさり口当たり豊かな苺ショートだったよ(●´ϖ`●)


だいたいこんな感じで販売品の半分サイズの手の込んだケ-キがずらりと並んでいます、
お盆は20分位で新しいケーキが運ばれて来るから思わず目移りする程たくさんな種類数(*´﹃`*)


味のレベルとしては似たような形式の府中モナムールの2周り上&
マンジャーレ系列よりもひと回り上、みしまプラザホテル群馬ロイヤルホテルやと比べたらやや見劣りする感じです٩(๑´3`๑)۶


どこか懐かしい木材の梁を活かした山小屋な店内と、
ひょうきんで優しい店員さん(店長さん)も楽しい、
心温まるお店でした(*˘︶˘*).。.:*♡


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2017/08/31(木) 04:15 | trackback(0) | comment(0)

【最新版】掛川グランドホテル『レストラン シルクロード(KAKEGAWA GRAND HOTEL SilkRoad)』の曜日限定デザートビュッフェ・ケ-キバイキングに+切符代がお得になる小ネタ(2017年8月)♪♪♪♪♪

カテゴリー: 名古屋・静岡の東海・中部地方のケーキバイキング♪♪















2年間使ってたケータイがぶっ壊れると同時に、
写真約1000枚(およそケーキバイキング30店分相当)が消え…
頭の中のジョースター卿が『逆に考えるんだ、あげちゃってもいいさ』と囁きつつも慌てふためいたのが先週の話(0w0 )

にしても壊れる前の月にバックアップしといて良かった本当に┏( .-. ┏ )┓


もしスマホ1台でスイーツビュッフェのブログやらインスタのSNSをやってる方がいましたら、
こまめにmicroSDにコピーなり保存なりした方がいいと思うですよ←実体験

それはそうと今回訪れたのは、
静岡県は掛川にある掛川グランドホテル 『レストラン シルクロード(KAKEGAWA GRAND HOTEL SilkRoad)』のデザートビュッフェ・ケ-キバイキングだす(@ ̄ρ ̄@)


ホテルは掛川駅南口から徒歩1分、
僕でも迷わぬ程度の近さです(*´∀`)σ

清水→静岡→掛川→浜松の道のりだったんで遠征勢の方々には及ばないものの遠い距離だった…
どちらかと言えば名古屋寄りの静岡県なんじゃろか
ヽ(廿Δ廿 )?


参考までに掛川グランドホテル『レストラン シルクロード(KAKEGAWA GRAND HOTEL SilkRoad)』のデザートブッフェ・ケ-キ食べ放題は2017年4月19日以降、
毎週水曜日&木曜日の15:00~17:00(最終入場16:30)に、
1人税込1,400円で開催されてますぜ
φ(゚ー゚*)♪


はてさて掛川グランドホテル 『レストラン シルクロード(KAKEGAWA GRAND HOTEL SilkRoad)』のデザートビュッフェ・
ケ-キバイキングの品揃えは如何に…
(ノ)・ω・(ヾ)


オペラはたっぷりのコーヒーシラップを染み込ませた生地に、
コーヒー風味のバタークリームとガナッシュを多層に重ねたフランスの伝統スイーツですナ(「・ω・)「


コクがあるバタークリームとコーヒーの香りにガナッシュが混ざりあってひたひたと奥深い味でした、
なくなり具合から察するに多分一番人気じゃなかろうか
(*´∀`)σ


ショートケーキは真ん中に桃がサンドされてて上に苺が乗ってたよ、
これはやや生クリームがあっさりし過ぎていたかしら
ヽ(=´▽`=)ノ


マンゴーとココナッツのムースはポニー姉妹店のポルカドットやら表参道のお店でも見かけますた、
むっちりしてて甘酸っぱくも爽やかなムースですぜ( 0m0)


カスタードパイには細かく刻まれたマンゴーが乗ってまふ、
一口サイズだからスルリと喉に滑り落ちてゆく(@ ̄ρ ̄@)

ミニタルトはちょこんとマスカットの半身が乗ってまふ、
ザクザクしたビスケット生地が妙に気に入ったのでお代わりしていたヨ
ヽ(廿Δ廿 )


途中で登場したのはラズベリーとチョコレートのショートケーキ、
上に乗った木苺とカカオスポンジにより味に緩急がついているのが心地よき
┏( .-. ┏ )┓


エクレアは上にかかってるトロリとしたグラサージュと中のコーヒークリームとの相性がなかなか、
これは出来たてだったぜよφ(゚ー゚*)


マカロンはラズベリーとピスタチオにマンゴーの3種類が用意されており補充も適宜ありました、
マカロンのマーブル模様と形状がマンジャーレのスイーツビュッフェで出てくるのに酷似しているぞな(*゚ー゚*)ノ


クッキー2種類に加えて小型のマドレーヌ&フィナンシェもありました、
このあたりはそこそこですなお歳暮クオリティと呼ぶほどの質ではない☆


そうそう竹の器に入った胡麻団子やココナッツミルクや桃の杏仁豆腐といった具合に、
中華デザートが楽しめるのは予想外だったよ(「・ω・)「


特に桃の杏仁豆腐はフルーティさとミルキーさがマッチしていて良かっただす
(ノ)・ω・(ヾ)


あとは蕨餅と羊羮、ダイス状のチョコレート3種類とチョコレートフォンデュがありました、
バニラアイスは後半に1人1つ限定でサーブされただよ
ヽ(=´▽`=)ノ


フルーツも西瓜にオレンジにグレープフルーツと揃っておりました、
西瓜含めて補充が最後までいたのもポイント高いわぁ
(*´∀`)σ


一方で軽食も、
東京や神奈川のスイーツビュッフェでは余り見かけないのがありましたぞい
(0w0 )


半身のトマトの上にはカレー風味のポテト&
アボカドサラダがこんもりと乗ってまふφ(゚ー゚*)


彩り野菜のバーニャカウダーはグラスの中に人参・胡瓜・七草粥に入ってるサイズの大根が収まってまふ、
ピリ辛マヨソースが癖になるので時間があればこのソースにパンでもディップして食べたかった
(*゚ー゚*)ノ


バゲットサンドは縦に2つ切れ目が入れてる珍しいタイプでした、
片面にはハムとチーズ&もう片方にはポテサラとレタスが挟まっていたのねん
ヽ(=´▽`=)ノ


見た目が春巻きみたいなのは海老のすりみに湯葉を巻いたものでした、
小さなゼリーはお酢が生臭くて食べるのに苦労したんよ
(@ ̄ρ ̄@)


他にはカラフルな三色えびせんとがありました、
黒酢ネギソースをかけて頂く中華風唐揚げはラスト1個だったので人気なのでしょう(「・ω・)「


全体としてはこんな感じで写真との差は余りないです、
品質は中の上ですが東京・神奈川からするとこの値段でこれだけ種類が多様なのは地味に優秀なのではないかしら( 0m0)


居心地も広々しており予約無しでも利用出来るかと、
ドリンクにアイスローズヒップティーと抹茶オレがあるのがテンション上がるわさ(0w0 )


ちなみに開始直後の3時からいたらケーキが6種類ほど多く楽しめるので更にお得感は増すでしょう、
次回こそはハシビロコウやら博士のフレンズがいる掛川花鳥園にも訪れたいものですぜ(*´∀`)σ


切符代がお得になる小ネタがJR東海が発行している休日乗り放題きっぷですな、
土日に東京からこのエリアまで行くと余裕で片道4000円越えるんで…
十分に検討する余地があるのではないかしら☆


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑じょうさんが嫌悪感を示してるエセセレブって誰なん?
名前言わなきゃ判らんよw
2017/08/17(木) 18:58 | trackback(0) | comment(0)

【最新版】三島プラザホテル『カフェレストラン・セゾン』のケ-キ食べ放題・ケ-キバイキング・スイーツブッフェに(2017年6月)♪♪♪♪♪♪

カテゴリー: 名古屋・静岡の東海・中部地方のケーキバイキング♪♪














本屋さんで応仁の乱の本が大量に平積みされていたので、
気になって帰り道用に買ったらなんだろういい感じに眠気を誘われて寝過ごしたのは昨夜の出来事
(。^ω^。)


室町と言えば中先代の乱とか観応の擾乱みたいに、
足利幕府が出来た当初の敵味方が入り乱れてる時期の本も読んでみたいですな
(。^ω^。)


さて今回訪れたのは、
三島にあるみしまプラザホテル『カフェレストラン・セゾン』のケ-キ食べ放題・ケ-キバイキングだす
( ̄ω ̄)


参考までに三島にある、
みしまプラザホテル『カフェレストラン・セゾン』のスイーツブッフェは2017年の6月13日・27日の14:00~17:00に30名限定&1人2000円で開催されておりました
(ノ)・ω・(ヾ)


どうでもいいけど熱海→浜松辺りの東海道線は20分に電車が1本みたいで本数少なめ、
1時間に1本だった木更津の久留里線に比べたらまだ多いとも言えますが
(o・v・o)


はてさてマカロニの街三島のケーキバイキングの品揃えは如何に…
(ノ)・ω・(ヾ)


ガトーショコラ以外のケーキはこんな感じ、
途中で微妙に入れ替わりもあって合計18種類くらいありましたヽ(廿Δ廿 )


フランボワーズピスタ-シュは上にかかってるフランボワーズソースが目にも舌にも鮮やか、
幾重にも渡るピスタチオが織りなす紋様は蠱惑的ですネ
(*´ω`*)


黄緑が食卓に彩りを添えている青林檎のケーキはリンゴがベイクされているのが特徴です、
下のキャラメルクリームも相まって上品な仕上がりに
(ノ*・ω・)ノ


アプリコットミントはシャキシャキッとフレッシュさが残るアプリコットが上に敷き詰められてまふ、
クリームにミントを用いているのは初めて食べたのでこれは珍しいぞと
ヽ(廿Δ廿 )


ニューサマーオレンジのケーキはオレンジというよりも夏みかんみたいな風合いでした、
スポンジにもオレンジ果汁がすりおろされて用いられている点も含めて柑橘好きなら飛びつく種類のケーキだす( ̄ω ̄)


ショートケーキはホール提供されて中心近くにアラザンが乗ってまふ、
生クリームはあっさりめだったよ
(*゚ー゚*)ノ


さくらんぼが乗ったココナッツとパッションのムースは後半に登場しました、
シャリシャリとしたココナッツ入り生地&マンゴーとパッションフルーツのジュレが食感のアクセントに(。^ω^。)


キャスノワはコーヒー生地にクルミを混ぜ込んだ生地にコーヒークリーム・ガナッシュをサンドしたケーキだす、
カリコリした胡桃と苦味ばしったカフェクリームが奏でる二重奏はコーヒーのお供に最適かと
(ノ)・ω・(ヾ)


名前を見るとどことなく火曜日予約合戦&木曜開催の某店が思い浮かぶトロピカルバニーユは、
卵黄とグラニュー糖をしっかりと混ぜ合わせて作られるクレームアングレーズが味の決め手になってるような気がするよ
(*゚ー゚*)ノ


クリームの隠し味にパッションフルーツを用いているから口当たりも爽やかでしたぜヽ(廿Δ廿 )


チャノワはグリーンティーのロールケーキです、
ちょいちょい入っている大納言小豆のホクホク食感が楽しめる和な一品ですぜ
(。^ω^。)


金箔があしらわれて威厳たっぷりのティラミスはセゾン風でした、
セゾンってなんぞ?堤義明リスペクトかな?と謎になったんで後で調べて追記予定なり(*゚ー゚*)


小さなガラスティーカップに入ったパンナコッタは上にコーヒーゼリーが乗ってたよ、
ビターとクリーミーが合わさってまろやか~な味わいに
(ノ*・ω・)ノ


クレメダンジェは近年ケーキバイキングに3店行ったら必ず1店には置いてある位にメジャーになりました、
ここのは違うけどガーゼでくるまってると高級感マッシマシな気がするよ;


蜜柑ゼリーはナタデココとキウイが乗ってまふ、
身もふたもないこと言うと箸休め枠
_(:3 」∠)_


軽食はサンドイッチと芋です、
サラダも登場してましたが常にあるのはフライドポテトだったかな(ノ*・ω・)ノ


庭が桜木町伊勢山マンジャーレに似てた店内はお洒落で広々&
補充も軽食を除くケーキ類は適宜ありました、
パッションフルーツとピスタチオを活かしたケーキ並びにスイーツ類の技量が極めて高いこのお店は、
現状ではかなり貴重なお店だと思ったそんな昼下がりのひととき(。^ω^。)


なんてったってショートケーキとグラス類以外は目黒雅敘園をやや上回る店売り品質だからね、
個人的には先週のアイビーよか上だな~と(ノ)・ω・(ヾ)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑参考になったら押してくれたら助かります(。^ω^。)

にしても静岡ケ-キバイキングってお土産付なのが嬉しい♪
2017/06/13(火) 18:37 | trackback(0) | comment(0)

静岡にある沼津リバーサイドホテルのケーキバイキングに(2017年4月)♪♪♪♪

カテゴリー: 名古屋・静岡の東海・中部地方のケーキバイキング♪♪













遂に最後の大学院が始まってもうた、
残り2年で長きに渡る学生が終わるから…実家のやうに馴染んだブログ名を変えなきゃならんよ一大事(ノ∀T)


それまでにバイキンガー図鑑に続くもうちょい便利なナニカを作りたい、
コンボイ司令を凌ぐいい考えがありますがいつ実行に移すか…_(:3 」∠)_


そんな感じで新学期少し新しいことやってみよう!の一貫として、
静岡ケーキバイキングに行ってみたのですな(*´ω`*)


今回のお店は沼津リバーサイドホテルというお店、
熱海⇒沼津はわりと近いから静岡ケーキバイキングビギナーにはうってつけ☆


参考までにスイーツブッフェは2017年3月12日・3月20日・4月2日・4月16日・4月23日の14:45~18:00の90分制、
1人1,800円となってますたな(*゚ー゚*)ノ


駅周辺にガチ勢っぽい方々が多いなホワイ?と首をかしげていたら、
沼津ってラブライブサンシャイン(Aqours)の聖地なんだそうなφ(゚ー゚*)


1期と2期でキャラデザが福笑いのやうに変わらぬラ!サンシャインよりデレステの方がキャラが多彩で面白いじゃんよとは思いますが、それはそれこれはこれ└(:3」┌)┘


はてさて沼津リバーサイドホテルはどのような品揃えでっしゃろ…(ノ)・ω・(ヾ)


見ての通り種類数が豊富ですナ、
30種類位あるんじゃないかヽ(廿Δ廿 )


オペラは普通のと抹茶の2種類がありました、
微かにあまじょっぱいオペラは箱根のお店で似たようなのを食べた覚えが( 'ω')


抹茶オペラは苦味とクリームの味のバランスが取れており流石はホテルメイド、地層みたいに層が多いと見てるだけでも楽しいですな(o^-^o)

ピスタチオが散らしてある甘さな控え目パウンドケーキは地元名産の柑橘が使用されてまふ、
口に含むと爽やか~な薫りが口腔内を駆け巡る(=´∀`)


そうじゃった、
グラスデザート類はフルーツ置き場向かいの下にひっそりと置いてあるから忘れずにのぅ
(ノ)・ω・(ヾ)


スペードやらハートといった、
今北の偉い人の間で話題なドナルドトランプの器に入ったプリンは必食でっせ
ヽ(廿Δ廿 )


軽食もタマゴサラダにキッシュにミネストローネなどなどありました、
甘いもんが苦手なお父さん世代にも優しい配慮がキラリっと光ります(。^ω^。)


特にミネストローネは、
ジャガイモやショートパスタが沢山入っていて一番人気となっていた(*´ω`*)

タマゴサラダは何処か懐かしくも優しい味で、
横にキレメが入ったパンが置いてありタマゴサンドを作っても楽しめる;

とまあ以上つらつら書きましたがぶっちゃけスイーツのレベルはオールモスト横並び、
リアルだとタケナカのドアホウがぶっ壊した年功序列終身雇用みたいな古き良き品揃え…


やぁ口が滑った、
一昔前のホテル防衛省と言ったらわかりやすいかぬ(*゚ー゚*)ノ

むしろ此処のウリはそれ以外の総合的な気配り部分です
”(ノ><)ノ


ドリンクにマンゴージュースが置いてあったり、
一人一人に口直しの品が入ったバスケットが配られたり…


更にお土産には小粋なブラックの紙袋が渡され、
中には胡桃入りチョコフィナンシェと巨大なマーブルクッキーが入っていたよ
(=´∀`)


この東京にはあまりないお店の温かみ、
ほぼ満員御礼だった理由が何となくわかったような気がしたの(*´ω`*)


静岡ケーキバイキングと言えばもう1つ気になるのがカクタスハウスです、
夏休み前には行けるといいな_(:3 」∠)_

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2017/04/16(日) 17:11 | trackback(0) | comment(0)