User-agent: MegalodonDisallow: /

【最新版】赤坂・溜池山王にあるANAインターコンチネンタルホテル東京 『シャンパン・バー(ANA INTERCONTINENTAL TOKYO The Champagne Bar)』のピエール・ガニェール・パン・エ・ガトー ケーキブッフェ付きサラダランチ・ケ-キバイキング(2017年9月)♪♪♪♪♪♪

カテゴリー: ANAインターコンチネンタルホテル東京 『シャンパン・バー』のケーキビュッフェ



オーバーロード2期とワンパンマン2期の製作がもう始まってるみたいですが果たしてオープニングは誰が歌うかが気になります、
出来るなら両方とも変えないで欲しい…


でもそれより気になるのが、
十数年振りのバーチャロンの新作ですぜლ(´ڡ`ლ)
←嗜む程度にテムジン使いw


それはそうと、
今回はANAインターコンチネンタルホテル東京 『シャンパン・バー(ANA INTERCONTINENTAL TOKYO The Champagne Bar)』のケーキビュッフェ付きランチに訪れてみたぜよ|*・д・)ノ


前回行ったのが2015年11月と約2年前なので、
あれからピエール・ガニェール・パン・エ・ガトー ケーキブッフェがどう変貌を遂げたのかが気になっていたのですよるんたった(o^-^o)♪


ちなみにこのThe Champagne Bar シャンパン・バーランチ ケーキブッフェ、
開催時間は平日休日含め11:30a.m.~2:30p.m.の間に開催となってまふ(*´∀`*)ノ
お値段は2800〜3800位かな、
たまに一休でお得なプランもやってるかも☆


因みに最寄り駅は『溜池山王駅』13番出口、
新橋から銀座線経由で行くとスムーズに行けますぜ
(・ิω・ิ)←赤坂見附で降りると面倒くさいという体験談


今回は一休でサラダランチなるものを頼んでみました、
メイン(May'n)のパン2種類に本日のスープにスムージー、
次いでケーキバイキングと何だか盛り沢山なセットだす
(ӦvӦ。)


サラダランチと銘打たれて居るのだから、
メインはサラダなのです(*´ڡ`●)


どうやらサラダ自体も温野菜タイプ生野菜タイプ等の3種類から、
トッピングとチーズもそれぞれ3種類から選べるそうな(=∀=*)


写真は生野菜とローストビーフとリコッタチーズを選びました、
揚げたレンコンが香ばしい&
ローストビーフは薄くて面積広いのが2枚使われていたよ
(*´﹃`*)


見た目はこんもり盛られてて険しきこと山の如しですが食べ進めると案外すんなり食べられまふ、
ローストビーフでキャベツとアボカドを包んで頂くとパリパリシャキシャキで味わい深きかな(๑´ڡ`๑)

あぁそうそう本日のスープはオニオングラタンなのは当たりだす、
薄切り玉ねぎとチーズを含んだフランスパンの組み合わせは食べると豊かな気分になりますな(*´ω`*)


オムレツと言えばルロイ修道士でお馴染みな井上ひさしの握手と同様に、
オニオングラタンと言えば中学の教科書にあった温かいスープを思い起こすと旨さ倍増計画な気がしますネ
(*´ڡ`●)


これらを食べ終えた後にいよいよデザートバイキングのスタートです、
さてピンクパンサーの有無はいかに(o・v・o)


んで出てきたのがこんな感じ↑↑


見ての通り、
チョコケーキ・ピンクパンサー・アプリコットタルト・チーズケーキの全4種類に果物4種類とマシュマロが2種類ありますぜ(≧Д≦)


確かに種類数は少な目ですが、
特筆すべきはこのお店のケーキバイキングは全種類ホールケーキで提供されている点(*´∀`*)♪


ソースもチョコ・エキゾチック(パッションフルーツ)とラズベリーの3種類が用意されており、
以前と同じく味にバリエーションが付けられる工夫が為されておりますぜ(`・ω・´*)


この中で抜群に良かったホールケーキは、
ピンクパンサー柄のラ・パンテール・ローズですლ(´ڡ`ლ)


かつてケーキバイキングのホールケーキにおいて、
ラ・パンテール・ローズ以上に衆目を引くド派手なホールケーキがあっただろうか…いやない(倒置法)


上下にマスカルポーネと苺を合わせたムースを抱いて真下に苺ジュレ・その下にホワイトチョコムース層と分かれており、
造りが微に入り細に入り丁寧な点も嬉しいデスナ|*・д・)ノ


次に良かったのは、
アプリコットタルトです(^з^)


アプリコットが適度に乗ったタルト生地にはチョコチップが潜ませてあり、
程よくバターが薫りつつも心地よきザクザク加減が流石ホテルメイドだと膝を打つ出来栄え(=∀=*)


洋酒に浸かったサクランボが載っているチョコケーキは上がふっくらしたガトーショコラ&
下がカカオスポンジの二層式(ㆁωㆁ*)


多人数の際の補充についてもガトーマスダに見習って欲しいレベルでスムーズに行われておりました、
みんな大好きピンクパンサーもなくなったらすぐに新しいのがホールで登場しただあよ(・ิω・ิ)


マシュマロは小振りのイチゴ味とコストコに有りそうな馬鹿でかい鼓形の二種類がありました、
チョコレートフォンデュもあったような気がする
←曖昧さ回避


果物はドラゴンフルーツ赤肉メロングレープフルーツオレンジパイナップルがありました、
程なくしてドラゴンフルーツと赤肉メロンがなくなった後にはキウイに変わっていましたな( ・ั﹏・ั)


スムージーはマンゴー&オレンジとストロベリーバナナ&グアバ、
パイナップルココナッツ&バナナとブルーベリー&ラズベリーといった4種類から選べます(๑´ڡ`๑)


スムージーって緑なイメージがあっただけに意外でした、
マンゴー&オレンジは隠し味にアプリコットが効いた濃厚ドロリとしつつも爽やかなジュースだったのんლ(´ڡ`ლ)


欠点を挙げるなら以前は食後のコーヒー紅茶が別料金+600になった事、
Wi-Fiが結構高い有料(1200位)だった事ですな
(ㆁωㆁ*)


とは言うものの、
以前と変わらぬ開放感ある隠れ家といった雰囲気の中で落ち着いた雰囲気を過ごす事が出来ました(・ิω・ิ)


今回最大の収穫はラ・パンテール・ローズが、
以前と同じくホールケーキで前よりも頻繁に登場していた事ですぜ(*´﹃`*)


シャンパン・バー/ANAインターコンチネンタルホテル東京 【サラダランチセット】ピエール・ガニェールのケーキブッフェ&スムージーも愉しめるサラダランチ!


ブログランキング・にほんブログ村へ
2017/10/01(日) 00:01 | trackback(0) | comment(2)

赤坂・溜池山王にあるANAインターコンチネンタルホテル東京 『シャンパン・バー(ANA INTERCONTINENTAL TOKYO The Champagne Bar)』のケーキビュッフェ付きランチ(2015年11月)♪♪♪♪♪♪

カテゴリー: ANAインターコンチネンタルホテル東京 『シャンパン・バー』のケーキビュッフェ










生きてるうちに一度でいいから急須で煎れたお茶と綾鷹の違いや、
コカ・コーラとコカ・コーラゼロの違いを判定する風景を見てみたいと思う今日この頃(=∀=*)♪


以前と言っても3年以上前に(今より使えた)すみれ草を参考にして2度ほど訪れた事がある、
ANAインターコンチネンタルホテル東京 『シャンパン・バー(ANA INTERCONTINENTAL TOKYO The Champagne Bar)』のケーキビュッフェ付きランチが随分様変わりしたようなのでフラりと訪れてみましたよ
|*・д・)ノ


端的に言うと『パティスリー専門店「ピエール・ガニェール パン・エ・ガトー」のケーキをお好きなだけ召し上がれるケーキブッフェをご用意しております。』と書いてあったので、
いったいどんなもんさね~と実情に興味を持ったのですネ
(o^-^o)♪


ちなみにこのThe Champagne Bar?平日限定 シャンパン・バーランチ ケーキブッフェはランチメニュー+500で利用できますぜ(実質約2200~)、
開催時間は平日の11:30a.m.~2:30p.m.となってまふ
(*´∀`*)ノ


最寄り駅は溜池山王13番出口、
新橋から銀座線経由で行くと迷わないかも知れませぬナ☆


今回は
【前菜、スモールサラダ、スープ、メイン料理、パンにピエール・ガニェールのケーキブッフェ+コーヒーor紅茶】がセットになったプラン(2500)を一休で見つけたので此方を利用しました(≧▽≦)ゞ


そしてメインは『ビーフステーキ トリュフポテト マスタードソースと季節の野菜添え』を選んだそうな(=∀=*)


二種類のキノコにたっぷりのマッシュポテトと言ったボリューミーな一品です、見かけ及び味付けは2015年10月に訪れた六本木のポールポキューズと良く似ていますた(`・ω・´*)


マスタードソースは鶏肉やフライ等揚げ物の方が合うんじゃなかろうか、
お肉の味がボヤけるから牛肉にはあまり向かないのでは…


とか思いつつムグムグと平らげてゆきます(僕には40代以上のおばちゃんおじちゃんにありがちな、一流ホテルをむやみに有難がる考えはありませぬ)‡


関係ないけど同日に家で食べたお昼とソース以外はほぼほぼ変わらないのに草生えたw


これらを食べ終えた後にいよいよデザートバイキングのスタートです、
ジャンプの10週打ち切りエンドみたいにここからが本当の戦いだ!というワケよ
(o・v・o)


んで出てきたのがこんな感じ↑↑


見ての通り、
ショートケーキ・派手なケーキ・柚子タルト・チーズケーキの全4種類となってまふ(≧Д≦)


確かに種類数は少な目ですが、
特筆すべきはこのお店のケーキバイキングは全種類ホールケーキで提供されている点(*´∀`*)♪
加えてソースもチョコ・バニラ・キャラメル・パッションフルーツの4種類が用意されており、
味にバリエーションが付けられる工夫が為されておりました(`・ω・´*)


この中で抜群に良かったのはピンクパンサー柄のラ・パンテール・ローズです♪


かつてケーキバイキングにおいて、
ラ・パンテール・ローズ以上に衆目を引くド派手なホールケーキは見たことありませぬですヨ(*^¬^*)


上下に苺ムースを抱いて真下に苺ジュレ・その下にホワイトチョコムース層と綺麗に分かれており、造りが微に入り細に入り丁寧な点も嬉しいデスナ|*・д・)ノ


次に良かったのは柚子のタルトです
(^з^)


洋梨がたくさん乗ったタルト生地に意外にもチョコチップが含まれており、
程よく適度なサクつき加減がアイスティーに良く合いますた(=∀=*)


ショートケーキもサンドされている苺こそ少な目ですが、
丹念に泡立てられたクリームとしっとりしたスポンジは並のケーキ屋さんを凌ぐ品質だなぁと思うのさ♪


隠れ家感満載なこのスイーツブッフェ…小菓子とピスタチオブリュレのみだった以前と比較すると、
クオリティが格段に上がって大満足でした(`・ω・´*)♪
※他にデザートビュッフェを利用している方が僕以外に一組のみだったで、
多人数の際の補充状況は気になるところ☆


ランチメニューは2週間毎に変わるので、
次回はカレーかビーフシチューになったら訪れてみたいものですぜ(*^¬^*)


ブロぐるめ!食べ歩きポータル

(This Tokyo Dessert&Cake buffet Introduction Blog is written by Kasiore)

※Dessert buffet means All you can eat in Japan(As an Example, Marble Lounge and Sweets Paradise).

Dessert Buffet restaurant name: 『ANA INTERCONTINENTAL TOKYO The Champagne Bar』


Closet Station: [Tameikesannou]Sta.

Opening Time: PM11:30~14:30(Every Weekday)

Cake Buffet Price: <2300~> Yen (In Tax)

Recommend Menu:PinkPancer Muuse


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


↑参考になったら押してくださいな~
(o^-^o)


東龍さんが書いてたケーキバイキングのこれからの流行り記事を見て、
あんたここ2年ほどテラス・マーブル・樹林程度しかいってないのにどうやってデザートビュッフェのトレンドがわかるんかね?結論を出すにはちょっと調査母数が少なすぎんよ~とか思ってたついさっきw
2015/11/26(木) 16:42 | trackback(0) | comment(0)
| ホーム |