User-agent: MegalodonDisallow: /

【最新版】三越前・八重洲にある『Mandarin Oriental Hotel VENTAGLIO La Dolce Vita Dessert Buffet(マンダリンオリエンタルホテル ヴェンタリオ)』のスイーツビュッフェ・ドルチェヴィータ・ケーキバイキングに(2017年6月)♪♪♪♪♪

カテゴリー: 三越前・日本橋にあるマンダリン オリエンタル 東京『オールデイダイニング ケシキ』のスイ-ツブッフェ♪














美談の陰でブログの書籍化を狙ってそうな灰皿テキーラさんよりも、
エアバック大手のタカタが会社更生法を申請した事の方が個人的には大ニュースなんですヨ
ヽ(廿Δ廿 )


タイのお客さんでタカタと取引してる所やら工場増設したところが山ほど…


とまでは言わないけれども数社あるのさね、
お手頃な値下げ攻勢の口実にされそうだとタイに行く前からヒヤヒヤしていまふ(。^ω^。)


以前に向こうの日系企業が集まった宴席の話でお偉いさん方が
自動車メーカーが何社か共同でお金出し合ってなんとか助ける計画を耳にしてた事もあり、
なんとも寝耳にエビアンな展開になり申したな_(:3 」∠)_


それはそうと、
今回訪れたのは三越前・八重洲にある『Mandarin Oriental Hotel VENTAGLIO(マンダリンオリエンタルホテル ヴェンタリオ)』のスイーツブッフェですぜ(ノ*・ω・)ノ

参考までに今回のケーキバイキング=ヴェンタリオ ドルチェヴィータ(La Dolce Vita)は1人4,516円となっており、
平日は月曜・火曜・水曜日の15:00~16:45(陳列台は16:30まで)という期間限定スケジュールで開催されてたぞい(「・ω・)「


はてさて数年振りに復活した三越前・八重洲にある『Mandarin Oriental Hotel VENTAGLIO(マンダリンオリエンタルホテルヴェンタリオ)』の、
スイーツビュッフェ・ヴェンタリオ ドルチェヴィータは一体如何なる品揃えかしら(ノ)・ω・(ヾ)?

※今年の同ホテルない『ケシキ』内で開催されていたケ-キバイキングはここを見てくださいな( ˘ω˘)


マンゴーショートケーキは溢れんばかりの完熟マンゴーとなめらかなクリームが好相性です、
口に入れると溶けちゃいそうな位に繊細なふゅっきゅりジェノワーズも加味すると、
かなり高品質なホテルメイドなショートケーキ(*゚ー゚*)ノ
←ダントツ一位♪

マンゴータルトはサイノメ状に刻まれたマンゴーとタルト生地との食感のコントラストが絶妙だぜ、
とグルメ本みたいに言いたい所ですが実際はそうでもない(笑)


タルト生地が粉っぽいというかホットケーキミックスみたいな味だった、
サクサクしてピスタチオとか用いていたらもっと良かったかな~と思うです
(ノ*・ω・)ノ


球状になってる桃とバニラのムースはくるんと丸い桃風味のナパージュの中に、
白桃のコンポート&白桃ジュレがみっしりと稠密に入ってたよ(ノ)・ω・(ヾ)


今回地味になくなるスピードが一番早かったスイーツです、
可愛らしい外見も相まって人気な一品となりました(*´ω`*)


ラズベリーが乗ったチョコムースは若干オペラ寄り、
ビターなショコラはかなりの本格派ですが言い換えると小食キラーとも化すのが大変に悩ましい
_(:3 」∠)_


チーズケーキは気を効かせた幽遊白書の戸愚呂弟が決勝前に運んできてくれた試合会場ちっくな円状で、
最近流行ってるお花の飾りチョコ&上に棒が刺さってましたな(「・ω・)「


ソルティーな底部のビスケット生地と重厚かつ香ばしいチーズの組み合わせ、
あまじょっぱいのが好きならきっと気に入る筈ですよ♪
(ノ*・ω・)ノ


むふぅカシスチーズケーキ…?
そんな子は今回おらんかったぞな(笑)


サバランはライム風味のシロップでじゅんわりとひったひた、
アルコールは感じないからお酒苦手な人も安心アンコールワットですぜ(。^ω^。)


にしてもブッシュドノエルみたいな形で提供されるサバランってなかなか珍しいんじゃないかしら、
しばらくはポニーに勝てるサバランは現れる気がしないですがね(*゚ー゚*)ノ


アプリコットタルトはダマンドに刻んだアプリコットがそこかしこに入ってます、
タルト生地はかなり薄手でパリッとしていたよヽ(廿Δ廿 )


マンゴーとパッションフルーツのパンナコッタはミルク風味とバニラが半々という趣きだや、
パッションフルーツは抑え目でマンゴーが全面に活躍してました( ̄ω ̄)


キャラメルプリンはシルクのやうに滑らかな口あたり、
キャラメルソースがドロッとしており豊饒な風味なんで流石ホテルメイドと舌鼓を打つことひとしきり(。^ω^。)


マカロンは全部で5種類ありました、
ナナカマドさんが言ってたマカロンタワーのオブジェは見当たらなかった
_(:3 」∠)_


ラズベリーマカロン・マンゴーマカロン・レモンマカロン・チョコ&トンカ豆のマカロン等々がありました、
すわホテルメイドのマカロン!と期待したけれどもスブニールの一回り上くらいだなぁ…
期待したほどではなかったよ_(:3 」∠)_


果物はスイカにパインにオレンジとグレープフルーツがありました、
後半になるに連れて重宝するのは小食あるあるかもしれぬ
( ˘ω˘)スヤァ


一方で軽食類は肉サンドに卵サンド、
スパイシーチキントルティーヤロールにラムミートパイやキッシュロレーヌと充実してました
(*´ω`*)


特にオススメは肉サンドです、
薄口醤油で味付けされた牛肉とパリッとした人参がアクセントとなってる肉サンドは
『ケーキバイキングの合間にちょっとお肉食べたい』という需要に素晴らしく見事に応えておりましたヽ(廿Δ廿 )♪


この前江ノ島のキッシュ食べ放題に行った事もありパイやらキッシュやらは正直もういい飽きた、
関係ないけどスイーツ&ステーキ食べ放題とか出来ないかな~と割りと切実に願っておりますだ
(。^ω^。)


あとは卵サンドも具だくさんでみっちりと卵黄が詰まってまふ、
横浜ソマーの卵サラダ好きなら目がハートマークになるでしょう(「・ω・)「


オーダー式ドリンクは写真の通り、
デカフェがあるのが珍しくて頼み過ぎた事もありマンダリンオリジナルティーを飲み忘れてしもうただや
_(:3 」∠)_


そしてグリーンスムージー・ビーツ&パッションフルーツ・豆乳&カカオ・パイン&ライム・人参&生姜といった5種類のジュースステーションは自由にとって来れるスタイルでした、
小さめのグラスがあれば5種類並べてインスタ映えする写真が撮れそうだな~と思ってた(ノ*・ω・)ノ


ビーツ&パッションは『色味的にベリーなのにベリーの味がしない…何故だホワイ?』
と少ない脳みそをひねって考えてました、
パッションフルーツ強めなジュースだったかと(*゚ー゚*)ノ


パイナップル&ライムは大体パイン、
キャロット&ジンジャーは途中からヒリリとする生姜味が駆け巡る大人のジュースです(ノ)・ω・(ヾ)


とまあ大体こんな感じ、
アイスやらクレープまで手が回らなかった分マンゴーショートケーキ&
ラズベリードームに力を入れていたのは此処だけの話(。^ω^。)


ドリンクのサービスをこまめに伺ってくれたり椅子を引いてくださったりカトラリを途中で交換してくださったりと、
接客のレベルがかなり高い印象を受けました( ˘ω˘)スヤァ


木が生い茂った2階~5階をぶち抜いた吹き抜けなので開放感と居心地の良さはかなりのもんですぜ、
2000台の店売りをこよなく愛するコスパマンは満足いかぬやもしれぬが…
僕はホテルメイドのデザートを心行くまで楽しめる素晴らしいフェアだなぁという印象でつた(*´ω`*)
質の面ではコンラッド&お台場ヒルトンの2回り上と考えたらわかりやすいかと~


強いて言えばサバランかチョコレートムースは要らないから、
以前のスイ-ツブッフェ開催時に名物だったホールのモンブランを置いてくれたら嬉しい位かな、
あと若干せわしないから利用時間はもう30分欲しい∀


個人的には定期券圏内で通えるから千葉の遠いとこに行くのと同じくらいのコストだったから大満足です、
居心地と味の良さのバランスが取れているからゆったりケ-キバイキングを楽しみたい方にはうってつけですぜ♪
(ノ*・ω・)ノ
←小食の方はクレ-プは避けた方がいいデス☆


お店の人の話だとお陰さまの好評を受けて2017年の7月いっぱいは開催する&
月が変わればメニューを随時変更するみたいな事を言ってたので、
フェア後半にメニューの変化を楽しみつつ訪れたい名店となりました
ヽ(廿Δ廿 )


地中海料理 ヴェンタリオ/マンダリン オリエンタル 東京 平日限定×ドルチェヴィータ復活】 席数限定 大好評のマンダリンオリエンタルスイーツをお好きなだけ
←今回利用したプランです、
複雑なサ-ビス料がきっちりと明確なのが助かりまふ♪


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑参考になったら押してくださいな~
( ˘ω˘)スヤァ
2017/06/26(月) 19:34 | trackback(0) | comment(0)

【最新版】マンダリン オリエンタル 東京(MANDARIN ORIENTAL TOKYO)の『オールデイダイニング ケシキ(AllDay Dining KSHIKi)』で開催されている苺尽くしケ-キバイキング・スイ-ツブッフェに(2017年3月)♪♪♪♪♪♪

カテゴリー: 三越前・日本橋にあるマンダリン オリエンタル 東京『オールデイダイニング ケシキ』のスイ-ツブッフェ♪













久しぶりにニコニコ動画のマイリスを見ていたら陰陽師・魔理沙は大変なものを・おっくせんまんが投稿されていつの間にか10年経ったことに驚きを隠せない、
エアーマンが倒せない⇒コイツはホントに協力する気があるのか?⇒クリアまでは眠らない!辺りは聞きまくったものですナ懐かしいφ(゚ー゚*)


最近はYouTubeの方が使いやすいな~と思って、
ニコニコはゆっくり実況を見るの専用と化していたりヾ(๑╹◡╹)ノ”


さて今回のお店はマンダリン オリエンタル 東京(MANDARIN ORIENTAL TOKYO)にある『オールデイダイニング ケシキ(KSHIKi )』で開催されている、
苺尽くしスイ-ツビュッフェに行ってみたのですなヾ(๑╹◡╹)ノ”


今のところアメブロ村におけるケーキバイキングのトレンドはスイートランチみたいですが、
個人的にはあの店のパサッとしたスポンジがちょっと苦手なんよ
(ノ><)ノ


そーいやマンダリンのスイ-ツブッフェと言えば以前ヴェンタリオで開催されて以来だから、
訪れたのはおよそ3年ぶりですな懐かしい( ̄∀ ̄)


参考までにマンダリン オリエンタル 東京(MANDARIN ORIENTAL TOKYO)にある『オールデイダイニング「ケシキ(KSHIKi )』で開催されている苺尽くしデザートブッフェは、
2017年3月3日~17日の15:00~16:30の間に1人5369円で開催されています
(*´∀`)σ


ホームページだと4400と書いてありますがサービス料&消費税諸々をインクルードするとこの値段、
どうせなら普通に税込プライス書いといて欲しいッス(´,,•ω•,,`)


はてさてマンダリンオリエンタルホテル最上階38階のオールデイダイニングで行われる、
エグゼクティブシェフのダニエレさんが厳選した苺をふんだんに使った苺尽くしのデザートビュッフェとは如何なる出来なのか…
忌憚なき眼でゆるりと見てみるべ
+.(ノ*・ω・)ノ*.


ザクザクしてあまじょっぱい土台が特徴的なストロベリータルトは、
上にラズベリーや苺やチョコが乗って賑やかな甘さ控え目タルトさね
(∩^ω^∩)


パンナコッタはさっぱりしててミルキー、
トロリとしていて口当たりもなかなか
(,,゚Д゚)∩


ショートケーキは適度にしとっとしてとろけるやうにきめ細かなスポンジに良く泡立てられたクリームが合わさって、
見た目以上にかなり手の込んだ1品で舌鼓をポンポコ打つことひとしきり♪
(*´ω`*)


小さいながらも店売りクオリティで、
今年一番旨かったショートケーキってここじゃないかと思う位にハマってた
(o^∀^o)


ストロベリーメルバはフロマージュブランの上に苺ソースがかかった、
バイキングでよくあるやつです僕は今年になって5回以上同じの食べたわさ(*´ω`*)

塩クッキーが目印なストロベリーボールは盃状なホワイトチョコレートの容器の中にフロマージュブランと苺ソースが入ってまふ、
ケーキバイキングでこの形状はめったに見かけないレアキャラなんじゃなかろうか⊂ミ⊃・ω・)♪


ストロベリーフィンガーはピスタチオスポンジと果肉たっぷり濃厚な苺ソースが光るホテルメイド、
なんで指なのかは定かではない☆
(∩^ω^∩)


苺がトッピングされてまろやかな風味のティラミスはクリームたっぷりスポンジ少な目、
皿から苺が落ちるのを防ぐバリケードの役目も果たしていたり(,,゚Д゚)∩


苺とピスタチオのパウンドケーキは密度高めなピスタチオパウンドの上にストロベリーチョコの糖衣がかかってますた、
カッチカチに固くてライフも割りと奪うから小食な方は食べ過ぎぬよう
⊂ミ⊃・ω・)♪


フレッシュストロベリーはとちおとめ・あまおう・紅ほっぺの3種類がありますぜ(=´∀`)


あまおうは単価が高いからか小さめですたが、
とちおとめは薫り高く果汁たっぷりで果肉も締りがあり
&紅ほっぺは果実の中まで赤くコクがあるといった具合に各々の苺の品種の特徴を存分に堪能できますぜ♪
ヽ(廿Δ廿 )


無論補充もしっかり行われてたので、
ケーキ類をひとしきり食べた後の苺タイムを過ごすには十分な量の苺が確保されてたから安心アンコールワット(。^ω^。)


外側がジャリジャリしたマシュマロは鮮紅色がきらびやかですな、
どちらかと言えばギモーブよりの食感ぞなもし(ノ〃゚◇゚)ノ


そして地味に見逃せないのが、
自由にビッグオーダー出来るドリンク達ですぜ(*゚ー゚*)ノ


ネットを見たら『コーヒーまたは紅茶をお好きなだけお楽しみいただけます』と簡潔に書いてありまつが、
実際はさにあらず
(`・ω・´*)


およそ10種類以上のドリンクのうちでもとりわけオススメはストロベリーチョコレートですナ、
生クリームがたっぷり乗ってるスタバタイプのココアですが…
中にちゃんと苺風味も再現されてて深みのある味わいになっているのです
(´,,•ω•,,`)


スタイリッシュなポットで提供されるガルパンでお馴染みダージリンを頼むとカントッチョが付いてきて、
フフーフこいつぁコーヒーと一緒に食べると巧いヤツだと1人相好を崩していたとかそんな昼下がりヽ(廿Δ廿 )


ちなみに店内は3割位の埋まりっぷりでした、
必ず窓際席を利用出来るかはわからないけれども当日予約でも大丈夫な感はありますナ(。^ω^。)


一枚岩のお皿やドリンクのカップなどなど随所にこだわりを感じる広々とした空間です、
38階だから晴れていたら眺めも良いと思われる(ノ)・ω・(ヾ)

人数が少ない分、
ドリンクの提供が無茶苦茶スムーズなのは嬉しい誤算となりました(o・v・o)


強いて欠点を挙げるならばお皿が一枚岩なんで苺が落ちそうになることと、
ショートケーキの補充が4時10分以降なかった事ですナ
_(:3 」∠)_
←提灯記事が書かないリアルな感想



個人的にはお値段はやや張るもののシャングリラやコンラッドよりも今回のマンダリンの方がデザートの出来ならびにドリンクが1回り上だという印象なので、
季節が変わって再びスイーツブッフェを開催するならすぐさま食べに行きたくなりました(o・v・o)♪

頑張れば東京駅から徒歩でも行けるし駅直結(三越前の七番出口すぐ)だから利用しやすい位置なのですよ(*´ω`*)


最後にケーキバイキングとは関係ないけれど、
なぜバイキンガーはホテルバイキングに行ったら巨大オブジェを撮りたがるのだろ~ね??(^з^)


僕の持論では自分も含めてこんな巨大なオブジェがあるお店に行けるアテクシって凄いでしょナハハハハみたいな、
無意識な自己承認欲求ないしマウンティングのなせる業じゃねぇの?と思ってますが真実やいかに
(`・ω・´*)


オールデイダイニング ケシキ/マンダリン オリエンタル 東京 【平日限定】ホテル最上階で愉しむ ストロベリーブッフェ


↑今回使ったのはこのプランです♪


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑参考になった気がしたら押してくださいな(o^-^o)
2017/03/07(火) 21:32 | trackback(0) | comment(0)
| ホーム |